大阪・池田うどん屋あずま<吾妻>のささめうどんと池田城と五月山ハイキング

吾妻ささめうどん お役立ち情報
スポンサーリンク

大阪・池田市のうどん吾妻と、池田城跡公園と五月山にハイキング(山歩き)に行ってきました。山歩きと美味しいもの、街の散策をセットにすると楽しみが何倍にも増えますね。

こちらの記事では、池田市のうどん屋<吾妻>のささめうどんと、池田城跡公園、五月山のハイキング記事をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

五月山ハイキング~池田城跡公園~うどん屋吾妻

五月山ハイキング

紅葉の季節になりました。この先、春まではハイキング、山登りに適したシーズンです。まずは手始めに、大阪府池田市の五月山のハイキングコースの中でも、一番簡単なコースでウォーミングアップ。

五月山はたくさんのハイキングコースがあります。今回は一番簡単な望海亭コース(または大文字コース)から登り、ひょうたん島コースで下るルートを選びました。山にいる時間は30分程ですので、気軽に山を楽しめてリフレッシュできますよ。

ハイキングコース入口は、五月山動物園、売店、トイレ、五月山ドライブウェイ料金所が同じ個所にありますので、非常に便利でわかりやすいです。

五月山ハイキング

ドライブウェイ料金所のすぐ手前に大文字コースと望海亭コース入口があります。大文字コースのほうが階段が短い分、ラクです。今回は望海亭コースへ。しばらく階段が続きます。一度、車道に出ますが、車道を渡るとすぐに望海亭コースの看板が出ていますので、見失わないように。

ハイキングコースは綺麗に整備された道ばかりですので、ラクに歩けます。

途中で展望スポットがあります。望海亭という名前は海が見えるという意味では無いのかな?見えないから望んでいるのかな?とにかくこの日は大阪市内のビルもモヤっていて、海が見えるどころではありませんでした。

しばらく歩くと、望海亭コースが終了し、自然とのふれあいコースを歩くことになります。平らな尾根を歩くので一番楽しいです。しばらく歩くとひょうたん島コースに出ますので、ここから先は下ります。

下りきったら、植物園に出ます。植物園からさらに歩くと、セブンイレブンがある道路に出ますので、渡って右へ。少し歩くと池田市体育館があります(プールが目印)。ここに<池田城跡公園は左>の看板が出ていますので、左に降りて歩きます。

池田城跡公園

池田市立体育館から少し歩くと右に池田城跡公園の入口があります。立派な雰囲気が漂ってきます。

門を入ると、右側に売店やトイレがあります。

左に歩いていくと、庭とお城が見えます。ここから見るお城が一番綺麗です。

池田城

池田城の入口です。目の前で見ると、随分小さいです。入っても小さいです。

お城独特の急な階段を、太ももを上げながら2Fへ上ります。山歩きした後なのでキツイw

この見晴らすための廊下の様な場所の名前がわからないのですが、こんな感じです。

池田城からの見晴らし

2Fからの景色です。お庭や、先ほど登った五月山が見えます。紅葉も綺麗。色んなお城に行って思うのが、マンションやビルの様な高い場所から見た景色と、お城の上から見た景色は違います。お城には広い庭があるから見え方が違うのもありますが、お城って、色んな意味でベストポジションに建っているのがよくわかります。

何だか天下取った人間にしか見えない景色を見ている気分になれたり・・・

お城を後にして、次は城下町の老舗のうどん屋、吾妻へ向かいます。

池田城跡公園 アクセス・基本情報

HP

池田市城山町3-46

午前9時~午後7時まで
(11~3月:午前9時~午後5時まで)

火休

うどん屋 吾妻

池田市では超有名な老舗のうどん屋、吾妻です。大阪で最も古く、創業1864年の江戸時代から続くお店です。まさに、池田城と共に歴史を刻んできた、いや、池田城はすでにレプリカなので、こちらのうどん屋が歴史の生き証人とでも言えそうです。

お店の外観も江戸時代そのもの。お店の方も江戸時代の人かもしれない・・・w 等と変な妄想をしながら。

日曜13時に伺うと2組待ちでした。中で名前を記入しておきます。相席はしていませんし、コロナ渦で座席数も少なそうなので、時間がかかるかな?と思ってましたが、15分程待って呼ばれました。

外で待っている時、私の前に並んでいたおっちゃんに、「メニュー見る?」とメニューを渡された後、お店のおばちゃんが注文を聞きにやってきました。そういうシステムらしいです。

注文したのは、名物ささめうどんの、天ざる1200円。ささめうどんは注文を受けてから茹でる為、少し時間がかかりますとメニューに書いてありますが、先ほど店の外でおばちゃんに注文しておいたので、それほど待ちませんでした。

見た目は結構少なくて、足りるのかな?と思いましたが、うどんのコシの満足感で、足りる足りる!

このうどんは細くて非常にコシがあって、もっちもち。手打ちされているのを感じます。讃岐うどんとはまた違う、この品の良さは何だろう?江戸時代から続く、城下町の粋なのか?何故か今まで出会った事のないうどんです。このうどん屋さんが人気なのが、よくわかりました。

海老天が2本、さつまいも天2個、海苔天、これがサックサクでビックリ。衣を上手につけて揚げてはるなぁ。塩をつけてサクサクのまま食べたいけれど、天つゆとうずら卵で食べましょうという事です。

つゆは普通。甘くも辛くも、出汁が効いているわけでも、効いていないわけでもなく、ある意味、丁度良いのか特徴が無いのか、出しゃばっていないというか・・・。

会計時におばちゃんに「おおきに」と言われました。久しぶりに聞いたおおきに。あぁ、大阪の年配の商売人はまだ使っているのかと嬉しくなり、お店を後にしました。

吾妻 アクセス基本情報

大阪府池田市西本町6-17

072-751-3644

10:30~16:00

火休 祝日の場合翌日

最後までお読みいただきありがとうございました。