<画像動画>ドラマ天国と地獄サイコな2人が面白い!1話感想や原作やロケ地は?見逃し配信も

ドラマの感想
スポンサーリンク

ドラマ天国と地獄サイコな二人が日曜劇場で始まりました。綾瀬はるか演じる警視庁捜査一課の刑事 望月彩子。高橋一生演じるサイコパスな殺人鬼 日高陽斗の魂が入れ替わるお話です。

こちらの記事では、ドラマ天国と地獄サイコな二人の1話の感想や原作、ロケ地、動画配信についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

天国と地獄サイコな二人 1話 感想

捜査一課でキャリア志向の望月彩子役の綾瀬はるかさん。正義感が強さや、男社会で負けず、強く頑張る姿がとても上手に演じられています。同じく捜査一課で働く川原(北村一輝)は裏取引で、捜査をすすめるクセの強い役。かなりのスパイスになっています。彩子にセクハラしつつも、彩子の事を一目置いている、心の温かさが奥底にありそうな人柄に感じます。

そして、猟奇的殺人者の日高(高橋一生)。会社経営しているやり手。表向きは爽やか、内面は真っ黒ドロドロ。裏と表の顔の表情の違いが上手ですね。彩子が日高をマークしていると勘づいている表情がまた良し。こういう役は一生さんが一番似合うと思います。先日のドラマ岸辺露伴も良かったです。

彩子は日高が犯人だと確信し、逮捕直前、二人は歩道橋の階段から転落。

病院のベッドの上で目覚めた二人は中身が入れ替わった事に気づく。ここから先、一生さんの女性の演技が好評です。オネエ口調になってしまっていますがw なかなか難しい演技ですね。綾瀬さんの男性の演技も迫力があります。

中身が入れ替わったと分かった二人。焦る彩子に、自分は何てツイてるんだと余裕の日高。

彩子を利用しようとする日高と、どう戦っていくのか?非常に楽しみです。

スポンサーリンク

天国と地獄の原作とロケ地

天国と地獄の原作はなく、脚本家の森下佳子のオリジナルストーリーです。小説や漫画等はありませんので、今後どうなっていくのかがわらかないワクワク感がありますね。

森下佳子脚本で綾瀬はるか出演といえば、大ヒットドラマ「JIN-仁-」が有名ですね。コロナ渦でも再放送され、再び人気が出たばかりです。

▼JIN-仁のブルーレイボックスはこちらから購入できます

JIN-仁ー Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ 大沢たかお ]

価格:26,913円
(2021/1/18 14:28時点)
感想(20件)

ロケ地

日高がタクシーを乗った所

豊洲一丁目バス停

日高が手袋を捨てた歩道橋

神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎中央55番 桜山歩道橋

スポンサーリンク

天国と地獄サイコな二人 見逃し配信情報

天国と地獄サイコな二人の1話はTverで期間限定で配信中です。

最後までお読みいただきありがとうございました。


懸賞・プレゼントランキング