<動画>不倫をコウカイしてます最終回!塩野瑛久主演!画像やネタバレ感想と配信情報も

ドラマの感想
スポンサーリンク

不倫をコウカイしてますが、2話でもう、最終回になりました。こちらの記事では、不倫をコウカイしてますの、最終回のネタバレ感想、見逃し配信情報をお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

不倫をコウカイしてます 最終回

成り行きで、うっかり、仲村(西銘俊)との不倫を配信してしまった境(塩野瑛久)。自分はもう、落ちるところまで落ちたとメンタルがボロボロに。そこへ境の妻の由香里(長井短)から電話が。境はこの機会に、妻に不倫をしていた事を詫び、今まで自分が特別な人間だと勘違いしていた事を反省する。

境は社長秘書の静香と昨日不倫相手として会った事を思い出し、静香の元へ。静香はこれから国際会議で、ピーターディールという有名なCEOとの取引がある為、急遽、静香や専務が呼び出された事を話す。

今このタイミングで爆弾をつけられた本来の狙いは、自分ではなく、ピーターディールの命ではないかと考える境。ピーターディールのライバルのマイケルハーレルが、社内にいる誰かを利用して、境に爆弾をしかけ、ピーターディールを爆破させようとしているのでは?と予想する。

そこで、海外担当部署の不倫相手、成美に連絡し、マイケルハーレルの事を聞き出すために、喫煙所へ。

成美から、この1週間で、マイケルハーレルの会社の株を大量に買った人間がいて、それは仲村だったと聞かされる。その事実を仲村に伝える境。

仲村は境に爆弾をつけ、ピーターを爆死させ、マイケルの会社の株を上げる計画だった。仲村は、ちょっとテニスが出来るだけで、勘違いしていて、奥さんのコネで入社した境の事が許せず、ピーターが来社する機会を利用したのだった。

しかし、仲村自身も横領がバレて、ピーターを殺せと誰かに脅されていたのだった。もう何もかも配信されてしまったので、ここで終わらせようと自暴自棄になる仲村だが、何かがおかしいと気づく境。境は閲覧者が5人になっているのに、爆破されていない事実に気づき、犯人は急遽、会社に呼び出されて爆破できなくなった人物、つまり、犯人は専務だと気づく。

境は会議に飛び込み、専務とマイケルが繋がっていて、マイケルを大統領にする為、ピーターと一緒に社長を殺し、自分が会社の社長になれて一石二鳥に。そこで仲村の横領を利用したのだった

逃げる専務は追いかけてくる境に、爆破スイッチを押そうとしてもみ合いになる。そこへ社長が助けに入って、無事爆破を逃れる事に。

そこに境の妻が現れる。妻は配信を一部始終見ていて、専務が逃げない様にエレベーターを停めていてくれたのだった。そして、最後は妻に何発もビンタを食らわせられる境。

ここで話はおしまいです。

スポンサーリンク

感想

次々に不倫相手が現れたり、状況がコロコロと変わっていくスピード感が良くて、次はどうなるの?とワクワクしっぱなしでした。1話でチラっと専務が出てきた時に、彼が犯人だなという事や、西銘君も何か犯行に関わっているのは、プンプン臭っていましたし、非常にわかりやすいドラマではありました。

塩野君のセクシーな役で主演が、ピッタリとあってましたね。殺されるという必死な焦り方がとても上手でした。セクシーだけど下品じゃなくてコメディというのが良かったです。西銘君が主演じゃないのが最初は不思議でしたが、やはり重要ポジションでしたね。キャスティングが合っていたと思います。

スポンサーリンク

動画配信情報

不倫をコウカイしてます最終話はtverで期間限定配信です。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。


懸賞・プレゼントランキング