<ドラマ>クレイジーレイン2話!考察やネタバレと感想!千葉ロッテと関係は?見逃し配信情報も

ドラマの感想
スポンサーリンク

ドラマ クレイジーレイン2話は皆さんご覧になりましたか?1話ではおとなしかった清田が、ある話を持ち掛け、話が次々と展開されて驚きの連続です。こちらの記事では、ドラマクレイジーレインの2話のネタバレ感想、千葉ロッテとの関係や、見逃し配信情報をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

クレイジーレイン 2話

前回、容疑者の荻野が清田(中尾暢樹)の親友だと知った、渡辺(陣内将)と、今江(前山剛久)。横領していた店長に襲われた事で、正当防衛で殺してしまった荻野が逃げた理由は、横領の事実を店長の子供たちが知ると悲しむだろうと思い、自分が犠牲となって逃げたという事を話す清田。荻野はとことん優しい男だった。

渡辺は清田が荻野の家に匿っているのでは?と疑うが、清田は家にはいないと言い張る。怒った渡辺が、「お前は警察をやめろ」と言うと、清田は今日でやめるつもりだと言う。今江も「自分も警察をやめて、井口の娘との結婚を認めてもらうように井口に話す」と言い出す。二人は親友と恋人の事で苦しんでいたが、渡辺は理解できない様子。

これ以上付き合い切れないという渡辺に、清田は渡辺に「競馬で借金がある事と聞いている。奥さんは知ってるのか?借金の金額は?荻野を見逃してくれたら、借金を肩代わりしてもいい」と渡辺をゆすりだす。

今江も、「井口の娘のさやかとの結婚に協力してくれるなら、渡辺さんの借金を肩代わりする」と話す。

渡辺の借金は5000万あった。「そんな大金、もしや直接暴力団から借りているのでは?」と言うと、図星だった。渡辺は、刑事という仕事を担保にしているので、表には出ないという事だった。

清田は「貯金と荻野が殺した店長が横領したお金200万を預かっているので、合わせると1千万。足りない分は荻野のバンドメンバー達から集めようと思う」と持ち掛ける。

今江はノープランのまま、「何とかする」と口だけの様子。これでもまだ半分しかお金が集まらない計画に、渡辺は「奇跡は起こらない。今江はかすみちゃんと結婚できず、清田は親友を助けられず、俺は借金が返せずヤクザに骨までしゃぶられる。これが現実だ」と落ち込む。

清田は「一つだけ方法があります。今江さん、悪魔に魂売れますか?」と問いかける。清田は「井口さんに死んでもらって、保険金を降ろして借金を返す。そうすれば今江さんは、かすみちゃんと結婚、渡辺さんはヤクザとの危険な関係を断ち切る事ができる、僕は親友を守る事ができる。現役の刑事が3人もいれば、完全犯罪も夢じゃない」と計画を立てる。

「それしか方法が無いなら、やる」という今江に、渡辺は「お前ら本当に狂っている」と動揺するが、清田は「渡辺さんも狂って下さいよ」と二人で渡辺に攻寄る。「もし借金が返せなかったら、渡辺さんが殺されるかもしれない」という清田に、渡辺は「それは無い」と断言する。

今江は「わかった!まやくの摘発や裏カジノのガサ入れの情報を流してるでしょ。マルボーの人たちにチクリますよ」とゆすりをかける。清田も「渡辺さんのロッカーを調べても問題ないですよね」と脅す。

今江は「もしかして、渡辺さんシ●ブ食ってます?」と言うと、渡辺はあからさまに動揺する。やっていないという渡辺だが、尿検査はできないと声が小さくなっていく。

そこで清田は「僕たちに協力してもらえますね?」と畳みかける。

そこへ井口(荒木宏文)が買い出しから戻ってきた。

ハンバーガーと牛丼は張り込み中には食べてはいけない事を清田に指摘される井口。渡辺は井口がお腹を空かせているだろうからという事で、自分のアンパンを渡す(ソーシャルディスタンスシーン)

アンパンを食べている井口に、清田が唐突に「生命保険は必要ですよね」と話し出す。自分も生命保険に入ったほうが良いか井口にアドバイスを求め、今江がそのタイミングで井口に、以前容疑者に撃たれて、正当防衛で犯人を撃ち殺した話を聞き出す。井口は誇らしく、その時の様子の武勇伝を語りだす。

清田は井口に人を殺した時の気持ちや罪悪感はどうなのかと聞くと、「意外と平気でぐっすり眠れたし、あの時殺さなければ俺が死んでいた。お前たちもその時が来たら、躊躇するな。あの日を境に俺は変わった。いつ死んでもいいように、悔いなく日々生きる。今日死んでも、それが運命だと受け入れる」と声を上げて話す。「そういって頂けると助かります」と言う清田と今江だが、戸惑う渡辺だった。


「ちなみに、井口さんの入っている保険はいくら降りるのですか?」の問いに、井口は「俺が死んだら家族に5000万入る。嫁と娘が半分ずつもらうとなると、2500万ずつ」と言うと「ありがとうございます。ピッタリですw」と、にこやかな笑顔で返事をする今江と清田(ここ、笑う所)

渡辺も保険に入っていた話を振る井口に、渡辺は保険はお金が無く解約した事を話す。井口は「給料のほとんどを競馬で使っているんじゃないだろうな?今までギャンブルで破滅した刑事を俺は何人も見てきた。金融機関で借りれなくなって暴力団に借り、まやくや裏カジノの摘発の情報を流す。最近マルボーの連中がどうもおかしいと言ってたから、暴力団の借金蟻地獄の餌食になっている刑事がいるのかもしれない。近々ロッカーの検査をしたほうが良いのかもしれない」と話す。

これ以上、井口の話を聞きたくない渡辺は、口を挟み、井口に買い出しに行かせる。そして、今江と清田に「井口さんを殺すぞ」と決意表明する。ここで話は終わりです。

スポンサーリンク

感想と考察

前回おとなしかった清田が、突如豹変しましたね。井口を殺して保険金をもらう。刑事3人なら完全犯罪ができるという、なかなかのクロさ。親友を助けるフリをしているだけの何かを隠している気がします。もう少し彼は何か秘密がありそうです。

渡辺は暴力団から借金した見返りに、摘発情報を流していたり、クスリに手を染めているのは、なかなかの落ちこぼれっぷりですね。もうこれ以上、彼に秘密は無さそうです。

誰が一番のクズか?という視点で見ると、ノープランで、何も考えていない今江がただのクズかな?と思います。

しかし、まだクズっぽさが出ていない井口を最後に出してきて、一番のクズで最低のクロというオチな気がします。娘のかすみは、井口が随分若いころに出来た子供というのが気になりますね。家庭で何かあるタイプのクズなのかも?

このドラマは、2話でとんでもない話が出てきたので、考察が難しいですね。

スポンサーリンク

クレイジーレインと千葉ロッテとの関係は?

クレイジーレインの登場人物4人の井口、渡辺、今江、清田 それに容疑者の荻野という名前は、千葉ロッテの選手だそうです。実は名前に何となく違和感があったのですが、なるほど!です。

スポンサーリンク

クレイジーレイン2話 動画配信

クレイジーレイン2話はtverで期間限定で配信中です。

最後までお読みいただきありがとうございました。