<動画>私たちはどうかしている2話ドラマネタバレ感想や配信漫画情報も

ドラマの感想
スポンサーリンク

こちらの記事では、私たちはどうかしている2話の感想や、見逃し配信情報、また原作の漫画についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

私たちはどうかしている 2話

光月庵で暮らし始めた七桜(浜辺美波)に、椿は朝早くから下っ端の職人として洗い場を命じられる。しかし、調理場の懐かしい雰囲気に一生ここにいたいと思う七桜だった。

見習いの城島(高杉真宙)に小豆の炊き方を教えた事で親しくなった七桜は、ここにいる職人が15年前の先代が死んだ事件の際に、総代わりした事を聞く。古くからの常連のお客様なら、何か事件の事が聞けるかもしれないと、古い顧客の帳簿を探ることに。

翌日、神社の祭りの為に大量の注文が入っている日に、得意先の呉服屋白藤屋の注文を受けた七桜。実は白藤屋から注文を受けたのではなく、15年前の事件を探るために、白藤屋や挨拶をしに行く為に嘘をついていた。
お菓子を自分が届けると言う七桜だが、椿が白藤屋にも、祭にも顔を出さなければ跡取り失格とみなされるのだった。

勝手な事をした七桜に怒る椿。七桜は自分がお菓子を作ると言い張るが、届けるのは七桜に任せて、椿は寝なければ自分が作れると言い放つ。


祭の日。七桜は白藤屋へお菓子を届けに行くことに。着物をなおしながら、「少しでもそそうがあったら許さないからな」と釘を刺す椿。

白藤屋に潜入するも、お菓子がいつもの藤ではなく、真っ赤なお菓子が入っていた事で白藤屋の女将は悲鳴を上げる。それを見た七桜もパニックに。誰かがいたずらで、お菓子をすり替えたのだった。
そこへ椿が現れ、「嘘をつくからこんな事になる」と抱きかかえる。

実は朝に、白藤屋から注文を受けていない事を知った椿は、白藤屋に出向いたというわけだった。白藤屋という顧客を失うかもしれない危機を七桜に強く伝える椿。

厨房で考え事をしていた七桜の元に、城島が現れる。女将の今日子(観月ありさ)が、朝、珍しく白藤屋のお菓子をチェックしていたのを見たという。
お菓子をすり替えたのは今日子だと確信した七桜は、今日子の元へ。
すると、今日子は七桜が出ていくための荷造りをしていた。七桜を追い出そうとする今日子だが、七桜は「椿が言うまでは出ていきません」と言い放つ。
怒り狂った今日子は七桜の顔に水をかけ、七桜を疫病神扱いをする。

七桜と今日子は、もみ合っているうちに、荷物は池の中に。あわてて池の中に入る七桜。そこへ椿が現れる。
「椿にはもう少しここにいてもらう。白藤屋さんから最中の注文があった。七桜が作ったものでという指名つきで」という事だった。

その頃、白藤屋では、女将が「先生の言われたとおり、最中を注文しておきました。私には椿さんが何故、あの子を妻にしたいのかわかりませんわ」と、多喜川(山崎育三郎)に話しかけていた。多喜川は「彼女のお菓子を食べるとわかるかもしれません」と女将に話す。

厨房では、椿による七桜への餡子の作り方を指導されていた。しかし今日子からの差し金で、ベテランの職人富岡(岡部たかし)が、七桜に厨房を使わせない様に仕向けていた。
最中が作れない状況に追い詰められた七桜。そこへ椿が富岡に、厨房を使わせる様に命令するが、富岡は大旦那(佐野史郎)の命令しかきかない言う。

椿は大旦那に権限を与えてもらう様に直談判するが、断られる。そして大旦那は七桜に「あんたは知ってて、椿と一緒になろうとしているのか?椿に光月庵は継げん。私の本当の孫じゃないからな」と話す。

驚く七桜に、椿は光月庵の歴史を語る。15年前に弟子に製造方法を盗まれて、店が傾きかけた事があり、それ以来、光月庵は血族以外に店を譲る事はしない事になった。店を継ぐものにしか渡さない道具も、15年間眠ったままだった。

大旦那は今日子の不貞により、椿が出来た子だと思い込んでいる。しかし椿は死んだ父親とこの店を継ぐと約束していた為、この店は誰にも渡さないと、固く決意していた。子供の頃と椿は変わっていないと感じる七桜だった。

七桜は夜遅くなら厨房を使えると思い、厨房に入ると、そこには城島がいた。城島と世間話をしている時、頭に餡子がついているのを見つけた七桜は、それをとってあげた。その様子を見た椿は嫉妬し、「俺の妻だぞ」と言って、城島を追い払う。

夜通し、椿と餡子を作る七桜はようやく完成させる。しかし何かが足りないと言う椿。「あんた、光月庵の餡子がおいしいと思ってないだろ」と言う。自分らしい餡子を作る七桜は、隠し味にハチミツをいれる等の工夫をする。納得した椿は、この最中を白藤屋に持っていく事にした。

白藤屋の女将が食べると、昔から変わらない味だと言われる。驚く椿は、七桜がすり替えた事に気づき、何故こんな事をしたのか不思議がる。七桜は、白藤屋は過去に一度も光月庵の最中を注文していない事を帳簿で知り、白藤屋にとって、最中は光月庵にふと立ち寄った際に、ほっと一息つくお菓子なのでは?と思ったのだった。それゆえ、いつもの最中を提供したのだった。
作戦はうまくいき、白藤屋との取引は継続する事になった。

その夜、白藤屋との取引がうまくいった事で、七桜は食卓を一緒に囲めることに。そこで大旦那の「椿の事を愛しているのか?」という問いかけに、「はい」と返事をする。「大ウソつき!」と茶碗を投げる大旦那。

夫婦でありながら、部屋も別。そして過去にこの家に入ってきた二人に光月庵が狂わされた事を話す。一人は今日子。もう一人は七桜の母。七桜の母は自分の息子を死なせた。「今度は私から何を奪うのだ?」と七桜に攻寄る大旦那に、椿が助けに入る。そして、「今晩から七桜と部屋を一緒にします。それで文句ないでしょう」と言う。

七桜は「結婚を認めてもらえたようで嬉しいです、おじい様」と大旦那に言って、部屋を後にする。

椿は昔、この家に桜という女の子がいて、よくこの部屋でお菓子を作った事を話す。桜は椿にとって、この暗い家の光だった様だ。
七桜に惹かれつつある椿と、大嫌いな椿に惹かれつつある七桜。七桜は「桜が現れたらどうするの?」と問いかけると「消えてもらうよ、永遠に」と、恐ろしい顔で答えるのであった。

その頃、今日子は興信所で七桜の素性を調べさせていた。その報告を知って、驚く。
ここで話はおしまいです。

スポンサーリンク

感想

今回は大旦那がかなり根深いものを持っている部分が描かれていました。椿が今日子の不貞による子供というのは本当なのでしょうか?そして、椿は桜の事を覚えていた様ですが、何故、消えて欲しいと思っているのか?何だか怖いですね。今日子が、興信所を使って、七桜の素性がわかった様です。来週、どう出てくるのか楽しみですね。

それにしても、ドロドロしてますねぇw

スポンサーリンク

私たちはどうかしている 配信情報

私たちはどうかしている2話はTverで期間限定で配信中です。

スポンサーリンク

私たちはどうかしている 原作コミックス

私たちはどうかしているの原作コミックスは現在13巻まで発売されています。表紙絵がセクシーなものが多くてドキドキします。ドラマでもこの様なシーンが描かれるのでしょうか?

▼私たちはどうかしている1~13巻セットはこちらから購入できます

私たちはどうかしている (1-13巻 最新刊) 全巻セット

価格:6,241円
(2020/8/13 15:54時点)
感想(0件)

最後までお読みいただきありがとうございました。