<動画>私たちはどうかしている3話!バックハグと裏切り!ドラマネタバレ感想や配信漫画情報

ドラマの感想
スポンサーリンク

こちらの記事では、私たちはどうかしている3話の感想や、見逃し配信情報、また原作の漫画についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

私たちはどうかしている 3話

椿(横浜流星)は、何故さくらが憎いのか、理由を聞いた七桜(浜辺美波)。椿は、椿の父親の部屋に七桜の母親がいた事を見ていたのだった。二人はそういう関係だったのか?その時、何かあって、椿の父親を殺す事になったのか?と想像する七桜だった。

七桜の正体を興信所で知った今日子(観月ありさ)は、七桜の母親はどんな人だったのか、七桜に揺さぶりをかけだす。しかし、そこへ七桜の母親だと名乗る、ゆうこと言う女性が光月庵に現れる。ゆうこの話に合わせる七桜。

ゆうこは、人に頼まれて演技していた様だった。恐らく、多喜川から頼まれたと思った七桜は、お礼を言い、誰に頼まれたのか土下座して聞き出す七桜。そしてゆうこのお店の名刺をもらうのだった。

その頃、今日子は必ず七桜の正体を暴いて家から追い出してやろうとしていた。

椿は七桜に、店に代々伝わるお菓子について、部屋に案内する。そして、この部屋は宝の山だと言って、七桜を部屋に閉じ込める。

部屋には、七桜の母親の字で書かれた菓子帳があった。七桜はそれを見て、改めて、母親は椿の父親を殺したわけではなく、今日子にも動機があると思い直し、ここから出なければと考える。七桜は倒れたふりをして、近づいてきた椿にキスをし、意表をついた所で、自分の母親だと名乗ったゆうこの店に行こうとした。
その時、2階から、七桜の頭上に花瓶を落とす姿が。間一髪の所で椿がかばったが、椿は落ちてきた花瓶で手に怪我をしてしまった。


一体何があったのか?と部屋に乗り込んできる今日子に、椿は「そんな事、あなたが一番知ってるじゃないですか」と冷たくあしらう。二人の結婚の妨害をする為に今日子が仕組んだ事だと思う椿。実は七桜を、部屋に閉じ込めたのも、今日子から守る為だった。

翌日、茶道の草薫会から、お菓子の依頼が入る。七桜が以前作った菓子が気に入った様だった。手に怪我をしてる椿の代わりに、七桜が力になりたいと言いだし、二人で作る事になる。
椿から、草薫会のお菓子「落とし文」を作ると聞かされた七桜は、一晩中、落とし文をイメージした絵を描いていたのだった。

落とし文を作る二人だが、揉めてしまう。さらに城島(高杉真宙)と仲良く話している姿をまた、嫉妬の様子で伺う椿。

城島は菓子作りに頑張る七桜にお茶をいれて、ねぎらってくれていた。そこにほっとする七桜だった。

お菓子も完成に近づいたころ、椿が現れ、自分もひとつ作ってみると申し出る。お菓子を作りながら、自分が小さい頃、お菓子作りや茶道について、父や大旦那(佐野史郎)から学んでいた事を話す。しかし、さくらの母親と椿の父親が部屋でキスをしている姿を見た事で、椿の父親を殺したのは、さくらの母親だと勝手に決めつけ、ウソをついた事を大旦那に告白していた。そのウソがわかって以来、大旦那は椿を今でも許しておらず、椿の作ったお菓子を食べる事は一度もない状態だった。
それでもいつかは、許してくれて、お菓子を食べてくれる日が来ると思っていたが、小さいころのある時、電車事故に巻き込まれそうになった椿は、その場にいた大旦那が助けてくれなかった事で、光月庵を自分の店にすると、固く誓ったのだった。

茶会の日、大旦那が姿を見せない事で、探しに行く七桜。大旦那が廊下で苦しんでいる姿を発見する。その際、椿がお菓子の事が純粋で大好きな事を大旦那に伝える。その一部始終を見ていた椿。階段で転びそうになった大旦那の元へ、椿が手助けに入る事で、少し大旦那の気持ちが変わっていく。

茶会が始まり、お菓子の準備をしようと椿に声をかける七桜だが、どうしてもこの茶会を成功させたいと、朝から緊張している椿は、七桜を抱きしめて落ち着こうとする。落ち着かせる七桜。

そして茶会の席で、父の思い出と光月庵への気持ちを語る椿。お菓子は客に褒めてもらったが、大旦那は口をつけなかった。

大旦那が食べなかった事に傷つく七桜をねぎらう椿だった。

茶会に出ていた多喜川(山崎育三郎)に声をかける七桜。「今日のお菓子は七桜が作ったものだとすぐにわかった。君のお母さんと同じ味だったから」と言う多喜川。多喜川はこのあたりの地主で、小さいころから光月庵のお菓子を食べていた。そして、七桜の母親が作るお菓子が好きで、ファンだった。以前七桜に渡した七桜の母親からの手紙は、多喜川の父親が多喜川に託していたものだった。死んだ多喜川の父親は、どういう経緯で手紙を受け取ったのかはわからないが、七桜に渡して、七桜の力になってあげて欲しいと頼まれていたのだった。

家に帰った大旦那は、実は椿の作ったお菓子を持ち帰り、ひっそり食べていた。それを見た椿は涙するのだった。

そして椿は七桜を一人の女として、ひかれていると七桜に伝える。しかし、七桜がさくらなら、この気持ちを殺さなければいけない。聞かせてくれ、あんたは本当に七桜なのか?さくらなのか?と問いただす。

その頃、今日子は城島と話していた。今日子は睡眠薬入りのお茶を城島にもっていかせ、こずかいを渡していた。壺を落としたのも城島だった。城島は椿の涼しい顔が気に入らなかったのだった。そして、椿から「大事なもの奪う」と今日子に決意を話す。ここで話はおしまいです。

スポンサーリンク

感想

大旦那が、椿のついた嘘を今も許していないという、一本筋の通った人だった事に驚きました。ただの悪い人ではなかった様ですね。

椿は七桜の事を女性として惚れ始めた様です。これはなかなか。七桜は椿の事が好きなのでしょうか?

そして、城島が黒かったですね!爽やかで素直なキャラが綺麗に崩壊して、面白い展開になってきました。単に嫌いな椿への嫌がらせなのか?はたまた七桜の事が好きでやっているのか?今日子からのお金目的でやっているのか?気になる所ですね。

スポンサーリンク

私たちはどうかしている 配信情報

私たちはどうかしている3話はTverで期間限定で配信中です。

スポンサーリンク

私たちはどうかしている 原作コミックス

私たちはどうかしているの原作コミックスは現在13巻まで発売されています。表紙絵がセクシーなものが多くてドキドキします。ドラマでもこの様なシーンが描かれるのでしょうか?

▼私たちはどうかしている1~13巻セットはこちらから購入できます

私たちはどうかしている (1-13巻 最新刊) 全巻セット

価格:6,241円
(2020/8/13 15:54時点)
感想(0件)

最後までお読みいただきありがとうございました。