<動画>私たちはどうかしている1話ドラマネタバレ感想やまゆ役他キャストと配信漫画情報も

ドラマの感想
スポンサーリンク

私たちはどうかしているのドラマが始まりました。こちらの記事では、私たちはどうかしている1話の感想や、まゆ役他キャスト情報や、見逃し配信情報、また原作の漫画についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

私たちはどうかしている 1話

花岡七桜(浜辺美波)は幼い頃、和菓子職人だった母親と住み込みで金沢の老舗和菓子屋<光月庵>にいた。七桜は小さいながらにも、和菓子の才能があり、光月庵の跡継の高月椿(横浜流星)と、とても仲が良くしていた。

ある日、七桜は椿の父親が刺されて死んでいるのを発見。その隣には、顔に血が付いた椿の姿も。駆けつけた大人たちに、椿は「七桜のお母さんが殺った」と嘘の告白をする。

その後、七桜の母は事情聴取中に倒れて死亡。七桜は施設で育つ事に。あの日の椿の一言で人生が狂ってしまった事を、15年経った今でも許せていない。


今は和菓子職人として、小さな和菓子屋で働いている七桜。贔屓の客で茶道の宗家の娘の真由は、結婚式の引き出物を七桜に作ってもらいたいと思っている。


しかし、長年の取引先の光月庵と食べ比べてから決めるという内容に、七桜はあの光月庵への意識が再熱し、再び椿に人生を狂わされてしまう事になった。

一度は光月庵との対決を断った七桜だが、働いていた和菓子屋に、七桜は人殺しの母親の娘だというメールが届いた為解雇。絶望の中歩いていると、七桜の母親のお菓子のファンだという多喜川(山崎育三郎)から手紙を渡される。

それは<あなたが20歳になったら渡して欲しい>と言われていた、七桜の母親からの手紙だった。

その手紙を見た七桜は、光月庵と対決を決める。

15年ぶりに会った椿は体が大きくなり、七桜が知っている椿とは違っていた。椿は七桜だと気づいていない様子だった。

対決は桜をテーマにしたお菓子。椿の菓名は<薄墨桜>桜のつぼみから散りゆくまでの色の段階を3種類のお菓子で表した。


七桜の菓名は<葉桜>花が散って葉桜になるように、月日を重ねても、二人が仲睦まじく暮らしていけるようにという事を表した。


互角の戦いだったが、光月庵との付き合いを選択するという事に。ショックを受ける七桜へ、椿が「ねぇ、あんたさぁ、俺と結婚しない?」と発言。

「冗談だ。忘れろ」と言って去ろうとする椿に、七桜は「いいよ」と答える。二度と会いたくないと思っていた人との結婚を承諾してしまったのだった。

「本気で結婚する気があるなら3日後に手土産を持って光月庵に来い。後戻りできないからな」と言われる。

家に帰った椿は父親との思い出や、あの日の事件の事を思い出していた。

七桜は、真由に頼んで光月庵のお菓子を買ってきてもらった。味が変わったと思う七桜。真由も15年前は美味しかったと、七桜の母親が作っていた頃の味を褒めてもらい、嬉しくなっていた。

そして、七桜は光月庵へ。そこでは椿の結婚が行われている最中だった。このまま引き下がれない七桜は、式の最中にも関わらず、手土産を椿に渡す。

手土産の菓名は<新月>「月の見えない新月は、星が一層綺麗に見え、夜そのものが豊かに本質を見せてくれます。この羊羹も、羊羹そのものを味わって頂きたいという思いを込めました」という七桜に、椿は「月が無くても、光月庵が無くても和菓子の世界は美しい。この店は特別ではないという事か?」と言うと、「はい、今の光月庵は決して特別では無い」と言い放つ。

 

「あんた、やっぱり面白いね、僕はこの人と結婚する」と言ってキス。

椿の母親の今日子(観月ありさ)は椿に激怒。この家を追い出されたくなかったら、婚約者の元へ戻れという椿に、七桜は「婚約者のお嬢さんは知っているのでしょうか?15年前、旦那様が無くなった事。世間的にも病死と言われているけれど、本当はどうなんでしょう?私はそれも知った上で、椿さんと一緒になりたいんです」と椿の母親に言い放つ。何が知りたいんだと激怒する京子の近くで、大旦那(佐野史郎)がその話に口を挟む。

大旦那は皆に謝り、今日の結婚式は中止に。椿も雨の中庭から土下座し「数年前から光月庵の業績が思わしくなく、婚約者の家からの支援を頂いたが、一時的なお金で解決するよりも、根本的に光月庵を解決しなければいけない。15年前、先代を失ってからこの店は変わってしまった。必ずこの店を皆様に認められる和菓子屋にしてみせます」と約束する。

大旦那に「3か月で成果を出して見ろ」と言われる事に。

15年前の事件の事を何故知っているのかと聞く椿に、七桜は「ネットで調べた」とごまかす。「今の光月庵は新月が見えていないだけで、無くなったわけじゃない。近いうちにこの店を俺のものにする。あんただって、俺が好きでここに来たわけじゃないだろ?」という椿。

七桜は真実を見つけるために、「よろしくお願いします」と椿に頭を下げる。「契約成立だな

<婚約者だなんて甘い物じゃない。私たちの関係に名前をつけるなら共犯者だ 私たちはどうかしている>

ここで話はおしまいです。

スポンサーリンク

今回出てきたお菓子

 

スポンサーリンク

まゆ他、キャストの情報

1話ゲスト 真由 小島 藤子 1993年12月16日生まれ O型 インスタ

花岡七桜 浜辺美波

高月椿 横浜流星

高月今日子 観月ありさ

高月宗寿郎 佐野史郎

多喜川薫 山崎育三郎

城島裕介 高杉真宙

スポンサーリンク

感想

七桜の執念が凄い話ですね。ややこしい二人が、こじれたディープな世界を描いている様です。かなりミステリーでスリルがありますが、和菓子の美しさや、和菓子の世界観に浸れるのも素敵ですし、箸休めになっているのも良いです。

イケメンに着物を着せるのは罪ですw 雨に打たれたイケメンの土下座の美しい事!

スポンサーリンク

私たちはどうかしている 配信情報

私たちはどうかしている1話はTverで期間限定で配信中です。

スポンサーリンク

私たちはどうかしている 原作コミックス

私たちはどうかしているの原作コミックスは現在13巻まで発売されています。表紙絵がセクシーなものが多くてドキドキします。ドラマでもこの様なシーンが描かれるのでしょうか?

▼私たちはどうかしている1~13巻セットはこちらから購入できます

私たちはどうかしている (1-13巻 最新刊) 全巻セット

価格:6,241円
(2020/8/13 15:54時点)
感想(0件)

最後までお読みいただきありがとうございました。