<ドラマ>美食探偵明智五郎6話!動画やネタバレ感想とロケ地情報!キスシーンと男装も

ドラマの感想
スポンサーリンク

ドラマ美食探偵明智五郎の6話は皆さんはご覧になりましたか?今回は中村倫也と小池栄子のキスシーンや、小芝風花の男装が話題になりました。

こちらの記事では、ドラマ美食探偵明智五郎の6話の動画やネタバレ感想、ロケ地の情報や、動画見逃し配信情報もお伝えしていきます。

スポンサーリンク

美食探偵明智五郎の6話 ネタバレ動画

明智の実家、扇屋百貨店の役員の伊達(小市慢太郎)は1か月前にフランスで、偶然マリア(小池栄子)に出会い、声をかけて食事をする事に。睡眠薬で伊達を眠らせたマリアは、伊達のPCの中を見ると、明智(中村倫也)のお見合いをすすめている件のフォルダを発見。明智に、おしおきが必要だと行動に移す事に。

苺(小芝風花)は、桃子と調布RAJAで食事。桃子に、明智には近づかないほうが良いと言われるも、苺は明智に言われた「君の事も守る」という言葉を思い出しながらニヤケてしまう。

苺は明智の事務所に訪れると、明智の母親と弟が。明智に試食してもらうはずの、お弁当を二人が試食。弟は味音痴らしい。

母(財前直見)は、明智と、弟(草川拓弥)が一緒にお見合いをするという話をもってきていた。お見合い相手は、伊達が紹介した人だった。

その頃、マリアは日本に帰国。伊藤(武田真治)と茜(志田未来)と合流し、次の殺人計画を企てる。

お見合い当日、弟の六郎が見合いの席にやってこなかったため、母親のアイデアで、苺を急遽、弟の代わりにさせる事に。

「六郎はボイスパーカッションを習得して披露してくれた」という無茶ぶりをする明智。困惑する苺。

ボイパを無理矢理披露する苺。

その頃、店には、マリア、伊藤、茜、高橋&上遠野刑事、そして桃子も潜入していた。

伊藤が作り、茜が運んだ食事に違和感を感じた明智は、茜に声をかける。しかしそのタイミングで本物の六郎が現れ、六郎に扮した苺のカツラは取れ、高橋が嫉妬で乱入し、別の部屋でお見合いしていた桃子もやってきて、現場はめちゃくちゃな状態になる。

 

お見合い相手に謝る為、話しかけた明智だが、見合い相手の容態が急変。あわてて救急車を呼び、店にいる人間を全員外へ出さないように指示。その後、見合い相手は死亡した。ふぐ毒の事故死のふりをした他殺と明智が推理。ふぐをさばいた、伊藤と、仲居の茜の姿が消えていた。

マリアが以前、苺の目の前で死んだ人間だとわかり、驚く苺。

伊達が秘書と話していた事を苺から聞き、六郎からお見合い相手は、伊達の彼女だと聞かされた明智は、伊達を怪しむ。明智は、お見合いの前日に伊達が六郎とお酒を飲み、六郎を酔いつぶし、明智を毒殺し、会社の実権を握ろうとしていた。
見合い相手の彼女を利用し、伊藤と茜を板前と、仲居として買収し、ふぐ毒を混入した料理を明智に食べさせようとしたが、茜がお膳をすり替えた為、毒料理は見合い相手の彼女が食べてしまい、死亡した。
伊達は、マリアに操られていて、結果、マリアが、殺されそうになっている明智を救ったという形になった。

伊達は明智を拉致し、今までの扇屋への不満をぶちまけ、油を撒いて火をつけて逃げる。
火事に気づいた苺は、明智を助けようとするも、明智に来るなと拒否される。そこへマリアが現れ、「愛する人の為なら迷わず命をささげるわ」と言い、火の中へ。
マリアと明智のキスに涙を流す苺。

マリアに余裕を見せつけられる。

そしてマリアは伊達の元へ行き、サラダを食べさせ毒殺。愛する明智を殺そうとした人間にこれからはないと言い、伊達を踏みつける。

苺はマリアには全然かなわないと明智に吐き出す。ここで話はおわりです。

スポンサーリンク

ロケ地

●お見合いの料亭

山家 埼玉県川越市幸町11-2

●苺と桃子が食事をしたカレー店

インド、ネパール料理RAJA調布店 東京都調布市小島1-34-1

スポンサーリンク

感想

今回はマリアの殺人計画がメインの話ではなく、伊達の計画を阻止するための、マリアの計画という形で、新鮮でした。マリアと明智はひかれあっている様で、苺が切ないですね。高橋君は良いスパイスですw

コロナの影響で、しばらく撮影が中止になり、7話はいつ放送になるかわかりませんが、再開される日を楽しみにしています。

スポンサーリンク

美食探偵明智五郎6話動画配信

美食探偵明智五郎6話は、期間限定でTverで配信されていますよ。

最後までお読みいただきありがとうございました。