Re:フォロワー<リフォロワー>3話の動画情報やネタバレ感想!

ドラマ、舞台、ステージの感想
スポンサーリンク

Re:フォロワー<リフォロワー>3話は、皆さんご覧になりましたか?

3話は、26年前に起きた事件の被害者が今も立ち直れずに、クレシダに依頼、加害者を成敗するという話です。

こちらの記事では、Re:フォロワー<リフォロワー>3話を画像を交えて、ネタバレ感想や、動画情報をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

Re:フォロワー<リフォロワー>3話

今回、一十三が決めた依頼は26年前に聖フィーベ学園で起きた、中学生の少年Aが少年Bを、めった刺しした事件で、今も被害者の少年Bの家族(姉と父親)が立ち直れずに苦しんでいるというもの。

少年Aの親は、被害者家族にお金を払わなければいけないものの、少年Aの親は会社の経営が悪化したという理由で、加害者にお金は払わず。被害者はそれを責める事はないものの、母親が精神的に病んでしまい、その看病で父親の畳屋も倒産。姉の結婚話も何度も破断になっている現状。

26年も苦しんでいる姉は、加害者の少年Aの事を調べて欲しいと、あらゆる探偵に依頼するも、少年法により、少年Aは名前を変えて生活しているので、調べられないと断られる。

そこでクレシダに依頼。友木は少年Aの現在を特定します。少年Aは今は弁護士になり、家族もいて、一等地に家も所有して、悠々自適に暮らしています。クレシダは、弁護士に子供を誘拐した事を知らせ、被害者の姉と弁護士、弁護士の子供の3人を、かつてめった刺しにした場所に集めます。

姉は、今までの苦しみを弁護士にぶつけます。クレシダは姉に「弁護士の息子をどうしようが、自由だ」と指示。弁護士の目の前で、弁護士の息子の首に手を回す姉。そこへ、姉の父親が止めに入ります。

首を絞めた感触が残るだろうからと、姉を引き留めるために、父親を呼び寄せていた一十三。もっと早く立ち直っていれば良かったと父親に言われる姉。

息子を殺めるか、少年Aが弁護士になっているという噂を広めるかの2択で弁護士をゆすっていましたが、息子は助かり、少年Aの現在の様子を広めるという事もやめた一十三。で、3話は終了です。

スポンサーリンク

感想

今回は過去から断ち切れずに今も苦しんでいる被害者にひきかえ、悠々自適に暮らしている加害者にメスを入れるという話です。しかし、長年、姉が探偵に少年Aの現在を探してもらっていて見つからないのに、簡単に友木が見つけられたのが、ご都合主義だなと感じ(本物のクレシダからの情報か?)めった刺しにした根拠がわからないのが、しっくりこなかったです。

スポンサーリンク

リフォロワー3話の動画配信

リフォロワー3話の動画は、10月28日迄期間限定でTverで配信しています。

 

 


懸賞・プレゼントランキング