動画<死役所>5話ネタバレ感想!ハヤシの意外な出生の秘密や過去が判明!

ドラマの感想
スポンサーリンク

<死役所>5話は皆さんご覧になりましたか? 今回はハヤシが犯した殺人事件についての回で、ハヤシの意外な出生の秘密や過去が判明しました。

こちらの記事では、<死役所>5話のネタバレ感想を画像を交えて、また5話の動画配信情報もお伝えしていきます。

▼死役所の原作漫画はこちらから購入できますよ

【在庫あり/即出荷可】【新品】死役所 (1-14巻 最新刊) 全巻セット

価格:8,648円
(2019/10/17 15:48時点)
感想(0件)

スポンサーリンク

死役所5話ネタバレ

ハヤシ(清原翔)はミチルが成仏する前に言った「お姉さんの事を後悔していないの?殺人犯の姉になったんだよ」という言葉がひっかかり、シ村(松岡昌宏)に反省したいと話を聞いてもらう事に。

ハヤシは高校2年の時。仲の良い祖父から剣道を教えてもらっていた。祖父と仲良くなるにつれ、父とは仲が悪くなり、もう3年も口をきいていなかった。

ある日、祖父が死んだ。父から「祖父は実はお前の父親だ。俺の死んだ妻に寝取られた。俺は父ではなく、お前の兄だ」と暴露された。ハヤシが中学の時に母親が死に、その時母親が手紙で残した言葉だった。

思わず祖父の遺骨を部屋から投げ捨ててしまうハヤシ。姉だけがハヤシの味方になった。

ハヤシの彼女のまりあは、ハヤシの事が好きな女子生徒からイジメにあっていた。それを見つけたハヤシは女子生徒の首を絞め、階下へ投げ落としてしまう。幸いにも女子生徒は軽い怪我で済んだ。

高校をやめ、剣道を教えるようになったハヤシは、まりあと結婚。子供にも恵まれた。子供が1歳になる頃、まりあの元同僚に別れて欲しいと頼まれる。実は子供は同僚の子供と知らされるハヤシ。結婚した時に、自分が祖父の子供だという事を知らせていたハヤシは、まりあが自分の事が気持ち悪いのかと激怒し、まりあ、同僚の男性、子供を竹刀で殴り殺してしまう。

自分が祖父の子供である事を気持ち悪いかとシ村に聞くハヤシだが、「姉だけはその事に嫌悪感を持たなかったのでは?」と答える。そしてシ村は殺人を犯した事を後悔していないハヤシに「自分をこれまで支えてくれた人を殺した自分に向き合い、殺された3人が死役所に来て、どんな気持ちで成仏したのか考える事が出来たら反省できる日が来るかもしれない」と言う。

ニシ川(松本まりか)はシ村を見て「冤罪なんだからさっさと成仏したらいいのに」とつぶやく。ここで話は終わりです。

スポンサーリンク

感想

ハヤシの出生の秘密が判明しました。祖父の子供であるという事や、産まれた子供は自分の子供ではないという皮肉な出来事が重なってしまったハヤシ。以前の放送で父親が殺された場所で、自分も殺されたという話を思い出しました。ミチルが成仏してしまったので今回から出ないのかな?と思っていましたら、ハヤシへのメッセージとしてつなぐ役割で出てきたのは嬉しかったです。

そして、シ村は冤罪の様です。少しずつシ村の事がわかってきましたね。

スポンサーリンク

死役所の原作情報

死役所は漫画が原作です。14巻完結しています。

▼死役所の原作漫画はこちらから購入できますよ

【在庫あり/即出荷可】【新品】死役所 (1-14巻 最新刊) 全巻セット

価格:8,648円
(2019/10/17 15:48時点)
感想(0件)

スポンサーリンク

死役所5話の見逃し配信情報

死役所5話の動画は、11月21日まで期間限定でTverで配信されています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


懸賞・プレゼントランキング