<ドラマ>美食探偵明智五郎2話!動画やネタバレ感想!ロケ地はここ!中村倫也志田未来

ドラマの感想
スポンサーリンク

ドラマ美食探偵明智五郎の2話は皆さんはご覧になりましたか?こちらの記事では、ドラマ美食探偵明智五郎の2話の動画やネタバレ感想、ロケ地の情報や、動画見逃し配信情報もお伝えしていきます。

スポンサーリンク

美食探偵明智五郎の2話 ネタバレ動画

キッチンカーのいちごデリで弁当を販売している小林苺(小芝風花)と幼馴染の桃子はチーズダッカルビ屋さんで、帝都ホテルで起きた若い男女の殺人事件の話について語る。二人はルームサービスのフレンチトーストに入っていたシアン化合物を食べて死亡した。

苺は私立探偵の明智五郎(中村倫也)の命令で、ホテルのスタッフとして厨房に潜入するも、人が多いため、毒を入れるのは不可能と判断。苺はスタッフが部屋に運ぶ際に毒を入れたのではと考える。
しかし明智は、シアン化合物がフレンチトーストに入っているとすぐにわかるので、別の食べ物の線を疑う。
加害者の体からリンゴが発見された。リンゴはホテルのメニューには無いという事で、リンゴを怪しむ。


その頃、マリアは茜に、女を傷つける男は殺してしまえば良いと話しかける。

刑事二人は殺された男性の家を捜索。茜と一緒に写っている写真を見つける。さらにホテルで提供しなかったリンゴが遺体から見つかった事や、出身地が青森という事で、外から持ちこまれたとみられるリンゴを強く疑う。

明智の事務所に、明智家の秘書がやってくる。明智家に一度帰り、明智の母親と食事を共にする事となった苺。明智は母親と確執がある様子。
苺がチーズフォンデュを食べている際に、明智は事件のヒントを得、リンゴジャムを作って、フレンチトーストにしたのでは?と考える。

ルームサービス中、部屋の中でお客さんの目の前でリンゴでジャムを作り、シアン化合物を入れ、あつあつの状態で食べる事で、シアン化合物だと気づかれず殺害したという推理を刑事に話す。「その推理が正しければ渋谷のスクランブル交差点で裸で逆立ちして、鼻の穴からペペロンチーノを食っちゃるわ」と、刑事。

苺と明智はおでんの屋台へ。明智は苺に、リンゴによって、ジャムになる時間が違うと聞かされ、興味を持つ。

そこへ刑事から電話が。明智の推理が当たっていた事や、茜の住所を聞き、桃子の運転で3人で、青森の茜のリンゴ園に向う。

青森で、のっけ丼を堪能する3人。桃子はしっかり、明智のチェック。

リンゴ売り場で、美味しく早くジャムを作る事が出来るリンゴを探すものの、お店の人に、台風で落ちたリンゴをジャムにすると聞かされる。

明智と苺は茜のリンゴ農園へ。茜が持っていた落ちたリンゴの名前もあかねだった。そのあかねで、早速キッチンカーでジャムにする苺。あかねで作ったジャムは、味もしっかりしていて、10分程でできる事を伝え、ホテルの部屋でリンゴジャムを作って毒を入れて提供した事、さらにマリアが殺したのではと茜に話す。
茜は死んだ恋人との出会いや、恋人が東京へ出て変わってしまった事、マリアが自分の代わりに恋人を殺した事。浮気相手の女性だけ死ねば良いと思っていたにも関わらず、恋人まで死んでしまった事を明智に話す。

刑事が来て、茜は警察へ。

明智が事務所へ戻るとマリアが。「私の幸せは人を殺せる事」とマリア

「誰だって人を殺したい。それを妄想ではなく本当にする。あなたのおかげで」と言うマリア。「僕はあなたを救いたい」という明智。ここで話はおしまいです。

スポンサーリンク

ロケ地

場所はおそらくこの場所であろうと予想されますが確定ではありませんので、ご注意下さい。

殺人事件のあったホテル

ホテルオークラアカデミア

千葉県木更津市かずさ鎌足2丁目3−9

フレンチトーストのお店

ホテルオークラ東京

東京都港区虎ノ門

明智五郎の実家

学士会館

東京都千代田区

のっけ丼のお店

うらりマルシェ

神奈川県三浦市

スポンサーリンク

美食探偵明智五郎2話動画配信

美食探偵明智五郎2話は、期間限定でTverで配信されていますよ。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。