<ドラマ>美食探偵明智五郎1話!動画やネタバレ感想とロケ地はここ!中村倫也出演

ドラマの感想
スポンサーリンク

ドラマ美食探偵明智五郎が2020年4月12日から始まりました。皆さんはご覧になりましたか?こちらの記事では、ドラマ美食探偵明智五郎の1話の動画やネタバレ感想、ロケ地の情報や、動画見逃し配信情報もお伝えしていきます。

スポンサーリンク

美食探偵明智五郎の1話 ネタバレ動画

キッチンカーのいちごデリで弁当を販売している小林苺(小芝風花)は、常連の変わり者で私立探偵の明智五郎(中村倫也)に振り回されている毎日。何故かお弁当代をツケにされている。

今日もブーランジェリー帰りの五郎に声を掛けられ、OKクルックーに「ブーランジェリーって?」と尋ね、音声入力を使い倒している。

苺が五郎の探偵事務所にお弁当の配達で居合わせた際、ある主婦(小池栄子)が五郎のもとへ旦那の浮気調査依頼に訪れる。なりゆきで、お茶を入れさせられた苺は、五郎の助手1号(苺)になり、今後事件に巻き込まれていく。
主婦は堅物で真面目、毎日魚料理しか食べないような人間なのに、毎日スパイス等、色んなニオイがついている事を疑う。

五郎が調査すると、旦那は毎日若い女性のアパートでランチをしていた様子。

主婦の家に報告に行く五郎。主婦に手料理をふるまってもらい「悪くない」とつぶやく。悪くないというのは五郎の最上級の誉め言葉。
帰り際に五郎が言った「あなたは本当のあなたを何処かにしまい込んでいる。これからは本当のあなたをもっと自由に解き放つべきだ」の言葉に目覚める主婦。

今日のメニューのエビフライに激怒する五郎。五郎は海老アレルギーな上に、海老を飼育している。顧客のニーズに応えられない苺に攻寄る。

代わりに急遽作った、ちくわの磯部あげが気に入った様子。

TVで浮気調査をした旦那が、アパートの前で通り魔に刺し殺されている報道を見て、慌てて主婦に電話する五郎。返り血をあびた状態で車を運転している主婦。葉山のオーベルジュでデートをしようと約束する。

事務所から大慌てで飛び出し、キッチンカーを出せと苺に命令。五郎は免許が無い事を、苺に「ダサ」と突っ込まれる。慌てて発進しようとするも、「ニュートラル!」と五郎に突っ込まれる苺。

オーベルジュで食事をする主婦と五郎。主婦が旦那を殺した理由は、食事だった。10年間、代り映えのしない魚料理を作ってきた主婦は、自分の知らない所で、若い女性の手料理を食べていたのが許せなかった。旦那は不能の為、浮気をしていたわけでは無い事は最初からわかっていた。五郎は、依頼人を犯罪者にしてしまったという罪の意識が。しかし主婦は、五郎が自分を解き放ってくれたと言い、五郎に睡眠薬を飲ませる。

五郎が倒れている所を助けた苺。五郎は主婦が自殺しそうな場所に行ってくれと苺に言う。OKクルックーで、葉山の自殺スポットを検索し、崖に向う事に。

崖から飛び込もうとしていた主婦に声をかけるも、主婦は崖に飛び込んでしまい、遺体は見つからなかった。これが五郎と苺の最初の事件だった。

五郎の事務所にMary Magdalene(マグダラなマリア)からモナリザのポストカードがエアメールで届いた。そのポストカードは主婦の家に飾ってあったものだった。

苺は友達とパンケーキ店で、五郎に巻き込まれて迷惑している話をする。

ホテルで月に一度の美食倶楽部の会に。馴染みの刑事がウニのムースをド真ん中からすくった事が許せず、攻め立てるw

丁度、このホテルの室内で若い男女が殺されていた。ビジョンで放送されているのを見る女性。

五郎は早速、苺をホテルに呼び出す。五郎は殺された男女が食べたルームサービスを注文。そこで、五郎が百貨店の御曹司だったという事を知る苺。

五郎はホテルの支配人に頼み、宿泊者リストを閲覧する。そこにはマグダラのマリアの名前が。

マリアは女性を呼び出す。この女性の為にマリアが男女を殺した様子。自分はもう殺してしまったので、もっともっと人を殺したい。そして五郎にもう一度会いたいと・・・ここで話はおしまいです。

スポンサーリンク

ロケ地

探偵事務所

フレンチイタリアンガルニエ

住所:東京都渋谷区恵比寿4-19-19
TEL:03-3280-1723
営業時間:18:00〜23:00

パンケーキ店

 

幸せのパンケーキ表参道店

住所:東京都渋谷区神宮前4-9-3 清原ビルB1F
TEL:03-3746-8888

スポンサーリンク

感想

普通の主婦がマグダラのマリアと名乗って、殺人鬼になったのが、非常に面白いですね。このドラマは小池栄子さんがキーになる様です。そこに五郎がどう絡んでいくのか?これからも楽しみです。

スポンサーリンク

美食探偵明智五郎1話動画配信

美食探偵明智五郎1話は、期間限定でTverで配信されていますよ。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。