<シャーロック>3話ネタバレ感想動画!ディーンフジオカの関西弁も!

ドラマ、舞台、ステージの感想
スポンサーリンク

シャーロック3話は、皆さんはご覧になりましたか?今回は、最強の詐欺師と言われる地面師の話です。ディーンフジオカさんの変装も今回復活し、関西弁も飛び出しました。

こちらの記事では、シャーロック3話の、ネタバレを動画を交えて、またシャーロック3話の動画配信情報もお伝えしていきます。

スポンサーリンク

シャーロック3話

若宮が誉のウソ発見器の実験をされている所へ、江藤が現れます。江藤が空き家で人が殺されていた事件の捜査に行ってきた話をすると、誉は早速食いつきます。

空き家はかつて、地面師による21億円詐欺があった場所で、殺されたのは詐欺の一味で、唯一逮捕されて出所した吉野と判明。

当時物件を担当していた古田が怪しいと目星をつけた所で、オープニング。今回のシャーロックの文字は黄色。

古田に、吉野が殺された事を話すと、21億事件で自分がグルだと噂された事を忘れたいと話すが、どうもウソっぽい。若宮は精神科医の観点で見ると、ウソでは無いと判断。古田の上司は、古田が13億のマンション用地の話を持ってきた事を、誉に相談。上司は過去の21億事件の事もあり、今回の話も地面師とグルになっているのでは?と疑っている。

 

この投稿をInstagramで見る

 

#シャーロック #3話 #11 #ディーンフジオカ #岩田剛典

愛莉さん(@sandaiaili)がシェアした投稿 –

 

江藤は地面師の捜査担当の捜査二課の市川に、この一連の事を話すも、地面師詐欺を捕まえることの難しく、主犯格は姿を見せないため捕まえられないと言われる。

 

この投稿をInstagramで見る

 

#シャーロック #3話 #15 #佐々木蔵之介 #伊藤歩

愛莉さん(@sandaiaili)がシェアした投稿 –

誉は、13億の契約の現場に立ち会う事を決め、売り主の家に偵察。古田から、売り主が家の売却にためらいが無い事が気にかかっているのと、古田が21億詐欺の時に一緒に仕事をしていた、先輩の丹波が、13億の話を持ってきた事が気になっている。

フラワーショップ店員に変装して偵察。

ここで、バイオリンタイム

誉は13億の契約現場へ。ここにいる古田以外は全員グルで、契約は偽物だと話す古田は先輩の丹波に、21億事件の時と同じく、また古田を巻き込み、騙されている事実を知る。

 

この投稿をInstagramで見る

 

#シャーロック #3話 #41 #ディーンフジオカ #岩田剛典 #佐々木蔵之介 #伊藤歩 #山村紅葉

愛莉さん(@sandaiaili)がシェアした投稿 –

売り主(山村紅葉)はチャキチャキの江戸っ子なのに、気を抜くと関西弁が出るので、本物の売り主では無いと証明する。ディーンの関西弁に注目。

現場に乗り込んできた2課の市川が、実は丹波とグルで、一緒にいる所を吉野に写真に撮られていた。吉野を殺したのは、実は市川だった。主犯格の「守谷のためなら死ねる」という、市川の言葉に、誉は守谷に興味を抱く。

 

この投稿をInstagramで見る

 

#シャーロック #3話 #43 #ディーンフジオカ #岩田剛典 #佐々木蔵之介 #伊藤歩

愛莉さん(@sandaiaili)がシェアした投稿 –

スポンサーリンク

感想

今回は記憶に新しい、積水ハウスの地面師による詐欺事件からヒントを得た話だったのではないでしょうか?最初から、2課の市川の不自然な登場により、この人が悪者だな。というのがわかってしまったのが少し残念です。誉の変装は、先週はやらなかったので、嬉しかったです。

地面師の主犯格の守谷という人の名前だけ出てきました。誉が守谷に興味を持った所で3話は終了という事は、今後の重要人物という事ですね。守谷は誰が演じるのか、誉はどう出るのか、気になる所です。

▼ディーンフジオカのCDVDはこちらから購入できますよ

History In The Making (初回限定盤B Deluxe Edition CD+DVD) [ DEAN FUJIOKA ]

価格:3,712円
(2019/10/15 18:51時点)
感想(2件)

スポンサーリンク

シャーロック見逃し配信動画情報

シャーロック3話は、10月28日まで期間限定で、FODで無料で見る事ができますよ。プレミアム会員になると、1年程見る事ができます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 


懸賞・プレゼントランキング