動画<G線上のあなたと私>2話ネタバレ感想!中川大志や波留出演!原作情報も

ドラマの感想
スポンサーリンク

ドラマG線状のあなたと私の2話は皆さんご覧になりましたか?2話は、それぞれが抱えている問題に向き合い、前進しようとする素敵な話でした。

こちらの記事では、ドラマG線状のあなたと私の2話のネタバレ感想を、動画を交えて、さらに、原作や動画の配信情報をお伝えしていきます。

▼原作漫画はこちらから購入できますよ

【在庫あり/即出荷可】【新品】G線上のあなたと私 (1-4巻 全巻) 全巻セット

価格:1,867円
(2019/10/16 16:10時点)
感想(0件)

スポンサーリンク

G線上のあなたと私2話ネタバレ動画

也映子(波瑠)、理人(中川大志)、幸恵(松下由樹)は3人で発表会に。練習ではうまくいっていたのに、本番では緊張や理人の腕の怪我で大失敗。しかしすぐに気持ちを切り替えて、次の発表会へ向けて練習する事に。次の土曜日は誰も旦那や姑がいないからと、幸恵の家で練習する事に。

幸恵への手土産のたこやきが焼けるのを待っている間、理人は也映子に、初めて兄が彼女の眞於(桜井ユキ)を家に来た時に一目ぼれした事や、一緒に釣りをした事を話します。

兄の彼女に子供が出来て、眞於が振られ、その事で兄に殴りかかって腕を怪我した話をします。

幸恵の娘のピアノ伴奏で、G線上のアリアを練習する3人。理人だけ上手です。そこへ姑が1日早く旅行から帰宅。

わざと2泊するとウソをついて、早く帰ってくる嫌がらせをされ、楽しみにしていた今日の練習を台無しにされた姑への怒りを2人にぶつける幸恵。理人は「今日は楽しかったので泣かないで終わりましょう。楽しくしていればこっちの勝ちです」と慰められ、元気が出ます。それを見ていた也映子は、二人が前に進んでいる姿や、幸恵が「理人君」と名前で呼んでいるのも気になり、自分だけ置いて行かれてた気持ちになります。

 

 

理人のバイト先の居酒屋で幸恵と也映子は、理人が眞於に、兄に子供が産まれたメールをするも、2週間返事が無い事で、理人は社交辞令がわかっていないだの、先日幸恵に理人が楽しくしていれば勝ちと言った言葉にキュンキュンするだの、理人の色んな話をしている所へ、理人が注文を持って登場。全部聞かれていた様ですw

 

この投稿をInstagramで見る

 

. 理人くんに聞かれてる〜 デジャヴか🤣🤣🤣 #g線上のあなたと私2話 #中川大志 #波瑠 #松下由樹 #G線上のあなたと私

towa♡さん(@towa_1998)がシェアした投稿 –

也映子は幸恵と理人は仲が良いのに、理人は自分に冷たいと話すと、幸恵は「理人と也映子の距離が近いから」だと言われ、理人へ関心が向き始めます。

理人は也映子に、どうやって別れた男の事を忘れたかを聞き、前進しようとするも、也映子は、15歳から初恋を引きずっている理人に何が解るのかと、今までの自分の不満をぶつけてしまいます。ある日会社に書類を取りに行くと、元カレを見かけ、今の彼女との幸せな姿を想像し、ウジウジしている自分と決別する為に前を向く決意をします。

そこで理人に「人間、止まっていたらダメなので、理人が次のステージへ進むなら告白すれば良い」と伝える。「模範解答ですよ、也映子さん」と理人に名前で呼ばれる。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

. イケボで名前呼びとか ヤバイっしょ😍 #中川大志 #G線上のあなたと私 #加瀬理人 #名前呼び

towa♡さん(@towa_1998)がシェアした投稿 –

一方、眞於は友達に、兄に子どもが生まれた事を、本当に連絡してきた社交辞令を知らない理人を、軽くバカにした様に話します。ここで2話はおしまいです。

スポンサーリンク

感想

3人はそれぞれ、前進するための1歩を踏み出しましたね。女性二人の理人いじりが毎回面白いですが、まじめで、繊細な理人の言葉の重みを受けて、理人に救われているのも素敵です。

話の流れでいくと、眞於は理人の事を思ってなさそうなので、理人は振られそうですね。ちょっと遊ばれて傷ついて捨てられそうな感じもします。その後、也映子とのロマンスが始まるような雰囲気が漂ってきました。

スポンサーリンク

G線上のあなたと私の原作漫画は?

G線上のあなたと私は、いくえみ綾さんの漫画です。4巻で完結しています。

▼原作漫画はこちらから購入できますよ

【在庫あり/即出荷可】【新品】G線上のあなたと私 (1-4巻 全巻) 全巻セット

価格:1,867円
(2019/10/16 16:10時点)
感想(0件)

スポンサーリンク

G線上のあなたと私の動画配信情報

G線上のあなたと私の動画は、10月29日まで期間限定でTverで見る事ができます。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。