コロナ感染濃厚接触者の電話診療で「いつもの薬」は配送できる?何日分もらえて支払いは?

健康と美容
スポンサーリンク

このたび、コロナ感染者が家族に出まして、濃厚接触者である私が、かかりつけ医の、いつも飲んでいる薬をもらいにいけなくなりました。

そこで、病院に電話して、どう対処してもらったかをお伝えしていきます。

スポンサーリンク

病院に電話したタイミング

家族にコロナ感染者が出たため、私が濃厚接触者になり、PCR検査を今日受けるというタイミングで、かかりつけの病院2か所に連絡しました。何故このタイミングかというと、

●PCR検査の結果は2~4日かかるとの事。

●数日後にお盆になる。

●あと3日でA病院の薬がなくなる、あと10日でB病院の薬がなくなるけれど、ついでに電話しておこうという事です。

スポンサーリンク

薬代の支払いと何日分もらえるかと送料

かかりつけのA病院に電話しますと、受付の方から先生へ伝わり、処方箋を調剤薬局にFAXして頂けた様で、調剤薬局から電話がかかってきました。

送料は100円。ヤマトのネコポス(国が送料を半分負担してくれるので100円です)

薬は19日分が最大と決まっているそうです。いつも1か月分もらっている方でも、今回のケースでは無理だそうです。

薬代や診察代は次回に行った際にまとめて支払う事になりました。振り込むパターンもあるそうです。

スポンサーリンク

薬の配送を断られたB病院

B病院にも電話したのですが、PCR検査結果はすぐに出るので陰性だったら、普通に病院に来て診療してくださいと言われました。PCR検査結果が2~4日かかると保健所から聞いているのに、医者には話が伝わっていない様です。あと10日分の薬はあるとはいえ、連休とお盆があるため、早めに病院に連絡いれたのにと、ストレスがかかりました。

陰性だったため、いつもどおり診察に行きましたが、陽性だったらまた病院に連絡入れて、受付の人に、一から話をしなければいけないので、かなりイラついてたと思います。

コロナワクチン2回接種し、発熱やモデルナアームになった話や、コロナ感染で抗原検査、PCR検査、自宅療養、自宅待機になった話を記事にしていますので、ご覧下さい。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。