<映画>かもめ食堂を見ると心が整いフィンランドのシナモンロールを作る。レシピや感想

ドラマ 映画の感想
スポンサーリンク

映画かもめ食堂は、北欧という土地と美味しそうな料理。丁寧に日々の暮らしが繰り返される中、少しの起伏があるものの、淡々と話は進んでいき、見終わった後は、心が落ち着いたり、ほっとしたり、優しい気持ちになったりする女性好みの内容です。

この丁寧な暮らしを見るだけで心が整い、私自身も丁寧な暮らしを心がけようと思ったり、将来はカフェでもしようかしら?と、映画にすっかり影響されてしまったり・・・。

そんなかもめ食堂のお話の内容を画像と共に、また、映画に出てきたフィンランドのシナモンロールのレシピもご紹介いたします。

スポンサーリンク

かもめ食堂のお話

サチエ(小林聡美)はヘルシンキで日本食の食堂をオープンしたものの、1か月経ってもお客さんは一人も来ず。

そこへ、日本のアニメ好きの若い男性がお客さん1号として現れます。その男性はガッチャマンの歌の歌詞を知りたがっていたけれど、サチエはわかりません。

そんな時、街で見かけた観光客のミドリ(片桐はいり)に、ガッチャマンの歌詞を聞き出す事に成功。

そのお礼として、家に泊めてあげる事になりました。特に行く当てのなかったミドリは、お店のお手伝いをする事になります。二人でフィンランドのシナモンロールを作ってみると、その美味しそうな香りを嗅ぎつけたマダムがお客さんとして入店。この事をきっかけに、次第にお店は繁盛していきます。

そんな時、空港で荷物が無くなってしまった観光客のマサコ(もたいまさこ)がやってきます。マサコもまた、荷物が見つかるまで、かもめ食堂でお手伝いする事になります。そんなマサコは、お金に余裕があるマダムの様で、マリメッコのブティックでお洋服を買い、毎日オシャレさんです。お手伝いのエプロンも可愛い。


そんなマサコですが、時に、夫に逃げられた婦人に、一緒にやけ酒を呑もうと強いお酒を勧められ、力強く頷いて飲み干し、夫に逃げられた悲しみを全力で受け止めてあげるという、肝の座った、優しく強い女性です。あぁ、こんな女性になりたいものです。

そうこうしているうちに、かもめ食堂は満席に。ヘルシンキの人たちにも、日本食の、豚の生姜焼きや、唐揚げ、おにぎり等が受け入れられた様です。

マサコの荷物はまだ見つからないし、ミドリも特にする事も無い様なので、しばらくは3人で、かもめ食堂を・・・という雰囲気を残して映画は終わります。

▼かもめ食堂のDVDはこちらから購入できます

かもめ食堂 [ 小林聡美 ]

価格:4,673円
(2021/4/5 17:50時点)
感想(297件)

スポンサーリンク

フィンランドのシナモンロールのレシピ

フィンランドのシナモンロールは生地にカルダモンが入ります。トッピングはシュガーのみ。よく知られている、あま~くて、白いアイシングがトッピングされているのは、アメリカのシナモンロールです。あの甘さが苦手という方は、フィンランドのシナモンロールをお試し下さいね。

シナモンロールは甘いので私的にはお菓子扱い。ですので、薄力粉をたくさん使って、サクっとした仕上がりにしています。さらに全粒粉を入れて風味を出しています。

作り方はまだまだ改良中ですので、随時更新しています。

作り方

牛乳110ccを人肌に温め、カルダモンパウダー小匙1を入れてカルダモンの香りを出す。ドライイースト3g、砂糖25g、塩小さじ1/2 卵1/2個を混ぜ、全粒粉50g、薄力粉200gを混ぜてこねる。柔らかくしたバター30gを混ぜてこねる。ふたをして暖かい所で1次発酵

2倍の大きさになったら、めん棒で伸ばして、柔らかくしたバターを塗り、シナモンとグラニュー糖をかける。手前から巻いて、ハの字に切る。

真ん中を箸でグイっと押して、両サイドの渦巻きが上を向くように。ふきんをかけて2次発酵。

溶き卵1/2個を塗り、ざらめや、ワッフルシュガーを乗せる。

200度で12~15分程焼く。

 

▼かもめ食堂のDVDはこちらから購入できます

かもめ食堂 [ 小林聡美 ]

価格:4,673円
(2021/4/5 17:50時点)
感想(297件)

最後までお読みいただきありがとうございました。


懸賞・プレゼントランキング