<死役所>1話ネタバレ感想に動画も!松岡昌宏主演ゲスト織山尚大!原作情報も

ドラマ、舞台、ステージの感想
スポンサーリンク

死役所が2019年10月16日から開始しました。皆さんはご覧になりましたか?見た目にはホラー感があるものの、内容は心を打たれる素敵な話です

こちらの記事では、死役所の1話のネタバレ感想を動画を交えて、また動画配信や、原作の情報をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

死役所とは?

死役所とは、原作が、あずみきしさんの漫画です。

この世を去った者たちが最初に訪れる、あの世の市役所ならぬ「シ役所」。自殺、他殺、病死、事故死などさまざまな理由で亡くなった者たちの行き先を決める手続きをする場所だ。シ役所の総合案内で働く職員・シ村(松岡昌宏)は、次から次へと現れる死者に「お客さまは仏さまです」と慇懃無礼な態度で対応していく。
死者たちは、死を受け入れた者から、現実を理解しないまま現れる者までさまざま。彼らがどう生きて、どう死んだのか、壮絶な生前の姿が死者の申請書から次々とあぶり出されていく。

yahoojapanTV

▼原作漫画はこちらから購入できますよ

【在庫あり/即出荷可】【新品】死役所 (1-14巻 最新刊) 全巻セット

価格:8,648円
(2019/10/17 15:48時点)
感想(0件)

死役所1話

三樹みちる(黒島結菜)が目を覚ました場所は死役所だった。驚く様な姿をした人たちがたくさんいて、ここがどこなのかと戸惑っている所に、総合案内のシ村(松岡昌宏)に声を掛けられて、自分が殺された事を思い出し、復讐を訴え、他殺課に案内されます。お礼を言うみちるに、シ村は「いいえ、お客様は仏様です」と、シ村の決め台詞が登場します。

シ村は、座っていた中学生の鹿野太一(織山尚大)の姿を見て、飛び降り自殺だと見抜き、話しかけます。

鹿野は自殺の原因のいじめの事を、シ村に詳しく書くように言われ、怒るものの、シ村は淡々として、お役人対応します。いじめの他に、親が再婚して、再婚相手の父親をうまくいかず、家でも学校でも自分の居場所が無い事で自殺をした様です。

死役所で、いじめていた同級生に遭遇。何でも、鹿野の再婚相手の父親に車で轢き殺されたとの事。そこで父親に思われていた事がわかり、「父親に謝りたい、話をしたいけど、もうできない」という鹿野に、シ村が「生きている時にすれば良かったですね」と、自殺を後悔させる言葉をかけます。

鹿野は「父親への謝罪の言葉を伝えて欲しい」と、シ村に託します。シ村は「良いですよ、お客様は仏様ですから」の言葉。そして、成仏許可書にサインをし、鹿野は成仏への扉を開ける所で、1話は終わりです。

スポンサーリンク

感想

グロテスクな特殊メイクをしている人が多く、少し気持ち悪いのですが、ストーリーが良いので、気持ち悪さは飛びました!生きている時にそれをすれば良かったと、自殺の後悔が心に染みる話でした。また次回も期待しています。

スポンサーリンク

死役所の原作漫画は?

死役所の原作となっているのは、あずみきしさんの漫画です。

▼こちらから購入できますよ

【在庫あり/即出荷可】【新品】死役所 (1-14巻 最新刊) 全巻セット

価格:8,648円
(2019/10/17 15:48時点)
感想(0件)

 

スポンサーリンク

死役所1話の動画配信情報

死役所1話の動画は、12月19日まで期間限定でTverで配信されています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


懸賞・プレゼントランキング