<シャーロック>1話感想!ディーンフジオカ岩田剛典出演!バイオリンでパトカー演奏動画も!

ドラマ、舞台、ステージの感想
スポンサーリンク

ドラマ、シャーロックが始まりました。2019年10月7日開始の月9ドラマです。皆さんはご覧になりましたか?

シャーロックホームズの原作を現代風にアレンジした、痛快ミステリードラマ。1話から、シャーロックの冴えた推理や、コミカルな姿が面白くて話題になっています。

こちらの記事では、シャーロックの1話の感想とあらすじやネタバレ、バイオリンでパトカーのサイレンの演奏をするディーンフジオカさんの動画等を、お伝えしていきます。

スポンサーリンク

シャーロックとは?

シャーロックとは、シャーロックホームズを原作にしていて、現代の東京を舞台にしたドラマ。

シャーロックに相当する、犯罪コンサルタント、誉獅子雄(ほまれ ししお)を演じるのは、ディーン・フジオカ。

ワトソンに相当する精神科医、若宮潤一(わかみや じゅんいち)を岩田剛典が演じています。

スポンサーリンク

シャーロック1話のあらすじネタバレ

病院で消化器科医の赤羽が飛び降り自殺をする所から事件がはじまります。同僚で精神科医の若宮(岩ちゃん)に、鋭い推理をしながら詰め寄る、誉(おディーン様)。誉に協力してもらっている、刑事の江藤(佐々木蔵之介)が登場。ナース役の松井玲奈ちゃんに、歯に衣着せぬ勢いで、シャーロックの現代版はこんな感じというシーンです。

バイオリンで推理シーン

病院や大学、赤羽の妻からの聞き込みの結果を、バイオリンを弾きながら、推理するシーンです。毎回、このシーン出てきそうですね。それにしても、本人が弾いているのでしょうか?凄いです

バイオリンでパトカーのサイレン演奏

赤羽の妻が怪しいと、一つの答えが出た誉は、若宮に赤羽の妻へ電話させ「会って話をしよう。しないのなら、奥さんの事を全て警察に言う」と、言わせます。電話口の横で、誉がバイオリンでパトカーのサイレン音の演出をします!このシーンは面白くて話題になりました。

変装シーン

赤羽の妻と合う約束をした若宮。場所はクレオパトラという名前の、赤羽の親が所有しているクルーザー。誉も漁師?の変装をして、別の船で追います。変装をとくシーンがユニーク。

1話の結末

このクルーザーで、大学時代に医師国家試験の問題を手に入れ、不正で医師免許を取得していた赤羽と若宮。そこにいた大学時代の友人にゆすられていた赤羽は、妻の指示で友人を殺害。それを苦に赤羽は自殺。妻は保険金をたくさんもらうため、自殺を若宮に殺された事件に思わせる様に、細工をしていたという話でした。

若宮は医者をやめ、誉が若宮の家で同居する事に。ここで1話終了です。

スポンサーリンク

感想

ディーンフジオカさんは、シャーロックホームズの推理の様に、非常に頭が回る、キレの良い犯罪コンサルタント。カッコ良かったりユニークだったりと、非常に見せ場が多く、話も面白いので大満足です。岩ちゃんの見せ場が1話には無かったので、2話から期待ですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 


懸賞・プレゼントランキング