コロナ渦で阪神競馬場へ!入場方法や対策と場内の様子を画像でお伝え

お役立ち情報
スポンサーリンク

コロナ渦で、競馬場の入場が予約した人のみになりました。こちらの記事では、予約の方法や、阪神競馬場への入場方法、場内の様子を画像と共にお伝えしていきます。

スポンサーリンク

競馬場入場の予約方法

その1

JRAの指定席のページで、ログイン(または新規登録)して、行きたい競馬場と日にちを選びます。たいてい、来週の土日の開催日を選ぶ事になると思います。(予約は火曜~木曜の場合が多いです)抽選日まで待ちます。抽選結果はサイトで確認します。(当落メールは届きません)当選していたら、クレジットカードで支払いを済ませます。支払いが完了しましたら、ここではじめてメールが届きます。このメールは当日、入場するまで捨ててはいけません。入場ができなかった場合の保険になります(経験済み)

その2

当選しているにも関わらず、入金しない方がたくさんいる様です(キャンセル扱い)この場合、先着順で座席を購入できます。何の予告もありませんので、何となくサイトの予約を覗いてみたら、「あ!この日は落選したけど、また申し込める!」と、偶然購入できるという事です。日にちと座席を選ぶと、仮押さえのカウントダウンが開始されますので、ダッシュでクレジットカード番号を入力して購入しましょう。あっというまに売り切れます。一番安い500円の席は一瞬です。

当日にQRコードが発行されますので、入場の際に再びサイトにログインして、QRコードを見せての入場となります。

スポンサーリンク

いざ、阪神競馬場へ

仁川駅から入口まで

仁川駅を降りた所です。いつもの開催日ですと大混雑していますが、コロナで入場制限があるため、駅も車内もガラガラです。

入場制限中の看板はあちらこちらに置いてあります。西宮北口のホームにも置いてあります。

阪神競馬場へ向かうあの通路です。スッカスカですね。

通路がスッカスカですので、阪神競馬場と桜を撮影できました。

今は場内でお酒が飲めない様です。この看板をたくさん見かけました。

さて、入り口に到着しました。どこから入ればいいのか挙動不審でいると、係のおっちゃんが「予約した人のみやけど」と声をかけてくれました。「予約してます」と答えると、「どこの席?」と聞いてきたので、「どこやったっけ?」とモタモタしていると、おっちゃんは鋭い勘を働かせ「500円の席は一番端」と案内してくれました。はい、一番安い500円の席ですw

消毒、スマホで検温が終わると、QRコードを見せます。何故かQRコードを出す事ができず、ここでもモタモタしてしまいました。係の人がたくさんやってきて、予約メールを見せる事になりました。そこからまたログインログアウトを何度か繰り返し、ようやくQRコードを見せる事ができました。免許証も一緒に提出です。顔確認の為、マスクは一旦はずします。

ようやく手続き完了。紙のリストバンドを巻かれます。

お芝居のチケットの様な紙チケットを渡され、やっと入場です。

場内の様子

見事なまでにスッカスカですね。

客席はこんな感じ。4列に一人しか座れないシステムです。知り合いと並んで座ると、係の人が飛んできますので注意。みなさんパドックやレストラン、外等、色んな場所にいる為、予約した座席に座っている方は少ないです。

パドックの前の方は立ち入り禁止です。

コースの近くも立ち入り禁止です。男性がいる場所が一番前になります。

外もガラガラです。

外がガラガラなので、馬の撮影をするには良いです。次は一眼レフ持参だなと思いました。

スポンサーリンク

感想

コロナ渦は、とにかくガラガラで、とても静かな競馬場です。緑が多く、馬(動物)もいるしで、何だか自然に癒される空間になっていました。ずっとこんな感じだったらいいのになと思いつつ、でも活気がある競馬場に早く戻って欲しいなとも思いました。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

お役立ち情報
スポンサーリンク
シェアする
maplemuffinをフォローする
50代からのチャレンジ・ライフワーク・お役立ち情報