動画<死役所>最終回ネタバレ感想!加護の会とシ村の冤罪とイシ間の成仏

ドラマの感想
スポンサーリンク

<死役所>最終回は皆さんご覧になりましたか? 今回はシ村の冤罪について。またシ村の過去、加護の会と妻と娘の事が明かされました。そしてイシ間も成仏していきました。

こちらの記事では、<死役所>最終回のネタバレ感想を画像を交えて、また最終回の動画配信情報もお伝えしていきます。

▼死役所の原作漫画はこちらから購入できますよ

【在庫あり/即出荷可】【新品】死役所 (1-14巻 最新刊) 全巻セット

価格:8,648円

スポンサーリンク

死役所最終回話ネタバレ

シ村(松岡昌宏)の娘の美幸は、極端な偏食で、食事を食べずに幸子(安達祐実)の絵の具を食べてしまう日々。医者からもこのままでは死んでしまうかもと言われてしまい、落ち込む幸子。近所の人から「加護の会」を勧められ、美幸が救われるかもしれないと、3人で加護の会の門をたたくことになった。

加護の会の教祖から、「美幸の病気を認める事で、そこから愛が始まる」と言われ、少し落ち着くも、家に戻ると自分がおいしい食事を作ってこなかったせいだと理由をつけ、自分を責めてしまう。その様子にどうする事もできないシ村。


ある日、シ村が帰宅すると、幸子と美幸は加護の会へ行ってくるという置手紙があった。夜になっても帰ってこない二人を心配したシ村は、加護の会へ行き、美幸を取り戻す事ができたが、幸子は修行中なので、1週間後に出直して欲しいと言われる。

1週間後に幸子を迎えに行くも、返してもらえないシ村。「シ村と幸子は紙きれ1枚で繋がった家族だが、加護の会とは心で繋がった本当の家族だ」と言われてしまう。

諦めて一人で帰宅すると、庭で美幸がお腹を刺されて死亡していた。

シ村は、虐待して娘を殺したと疑われるが、家族の為に罪を認め、冤罪で死刑となった。

イシ間(でんでん)と、凛が成仏する時がやってきた。ここで働くのは一人では向き合えない事に向き合うからかもしれないというイシ間は、一人一人にお礼を言い、成仏の扉へ向かう。

他殺課に保管されている、美幸の書類を見るシ村。ここでは誰によって殺されたかは明かされていない。

その姿を見たニシ川(松本まりか)は、シ村に「私たちが死者に出来る事は?」と尋ねるも「ただ笑って見送る事でしょうね」と言われ「シ村さんらしい、面白くない答えですね」と答える。

シ村は、幸せだった家族との暮らしを回想する。ここで話は終わります。

スポンサーリンク

感想

シ村の冤罪がわかりました。イシ間も成仏できて良かったです。しかし美幸は誰に殺されたのか、幸子は今どうなっているのかが明かされていないので、続編に期待したいと思います。

スポンサーリンク

死役所最終回の見逃し配信情報

死役所最終回の動画は、12月26日まで期間限定で、Tverで配信されています。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


懸賞・プレゼントランキング