<グランメゾン東京>8話!動画やネタバレ感想!香取慎吾と共演!?美味しんぼも登場

ドラマの感想
スポンサーリンク

グランメゾン東京8話は皆さんご覧になりましたか? 今回は尾花(木村拓哉)の日本の師匠の店で、味や接客を見て、グランメゾン東京に足りないものがわかるという素敵な回です。香取慎吾さんのポスターと、木村拓哉さんの共演?があったり、京野(沢村一樹)の部屋に美味しんぼ他料理漫画も出てきますよ。

こちらの記事では、グランメゾン東京8話のネタバレ感想を動画や画像を交えて、また7話の動画配信情報もお伝えしていきます。

▼グランメゾン東京の原作はこちらから購入できます

グランメゾン東京 上 (角川文庫) [ 百瀬 しのぶ ]

価格:792円
(2019/10/21 13:01時点)
感想(0件)

スポンサーリンク

グランメゾン東京 8話

倫子(鈴木京香)の事が好きだと告白してしまった京野は、尾花に「同じ店で働いていてみんなが困るような事を言うか?」とあきれられて、倫子の家から出ていってしまい、翌日グランメゾン東京へも姿をみせなかった。

3年前、エスコフィユから逃げ出したのを思い出してしまうスタッフ達だが、実は尾花は日本の料理の師匠の潮(木場勝己)の家に居候して用事ができた為、買い出しを芹沢に任せる連絡していたのを皆が気づいていなかっただけだった。

様子がおかしい事に気づいた相沢(及川光博)は、京野に何があったのか聞き出すと、京野が尾花と倫子の前で告白してしまった事を伝える。


潮をグランメゾンに招待した尾花は、潮にジャッジしてもらうが、尾花は腕が落ちているし、倫子は何もわかっていないし、何より京野が一番悪いと言って、帰ってしまう。

そこで倫子と尾花は潮の洋食店「浪漫亭」に向い、自分たちの何が悪いのか調べに行くことに。そこで食べたビーフシチューの味に驚いた倫子は、常連客との仲の良さを見て感じるものがあった。

その頃、gakuはトップレストランのアジアで1番になった事で、リンダ(冨永愛)から取材を受ける事に。祥平(玉森裕太)に「何故グランメゾン東京ではなくgakuに入ったんですか」という厳しい質問に「彼は自分が一番良い料理を作れる店を選んだというだけですよ」と丹後(尾上菊之助)が助け船を出す。

ある日、潮は軽い心筋梗塞で入院する事になり、尾花にランチタイムを任せる事に。常連客でいっぱいで手が回らなくなった尾花は京野を呼び出し手伝ってもらう。同じビーフシチューだが、潮が常連一人一人に対して、少しずつ違った中身を提供していた事に気づいた尾花と京野は、自分たちが今までお客様に向き合って来なかったという事に気づく。

潮が退院した日に、再びグランメゾン東京に招待する事になった。京野は潮の好みと体調を聞き、尾花は潮の今の体に合わせた味を作る事で、潮は料理を完食。「そういう事だ」と言って満足気に帰っていく。

実は尾花は潮の味付けがおかしい事に気づき、味覚障害になっているとわかっていた。「そろそろ潮時だ」と言う潮に、尾花は「店をやめるな。俺が舌になってやる」と言う。潮は「やめねーよ、やるなら三ツ星を獲れ」と言い放つ。尾花は潮のバイクで去っていき、京野の家に居候する事に(京野は美味しんぼ等、料理漫画を読んでいる様です)

リンダからのインタビューで倫子は「お客様一人一人に向き合って提供する事を約束する。目の前のお客様に美味しいと言ってもらう事を求めてグランメゾン東京は新たな三ツ星レストランを目指す」と答える。

3年前のエスコフィユの事件で、祥平の不祥事を尾花がかばった事を知った久住(中村アン)はリンダに報告する。その二人が働いている2つの店をトップ10以内に選んでしまった自分に苛立ち、「平古もグランメゾン東京にも消えてもらう」と強く決意する。ここで話はおしまいです。

香取慎吾との共演!?

ファミリーマートの入り口右上に香取慎吾のポスターが貼られています。

スポンサーリンク

感想

グランメゾン東京は、お客様に向き合った料理を提供していくという方向に変わったのが素敵ですね。gakuとは真逆の考えでいく様ですね。今回はわざわざ料理漫画のカットがあったので、前回のナルトが出てきた回を思い出しました。そしてわざわざファミリーマートの前で、引きの画で撮影されているのが不自然だなと感じていたのですが、よく見ると慎吾ちゃんですね!このドラマは、遊び心がありますね。

スポンサーリンク

グランメゾン東京8話動画配信情報

グランメゾン東京8話の動画は、12月15日迄、期間限定でTverで配信されていますよ。

 

▼グランメゾン東京の原作はこちらから購入できます

グランメゾン東京 上 (角川文庫) [ 百瀬 しのぶ ]

価格:792円
(2019/10/21 13:01時点)
感想(0件)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


懸賞・プレゼントランキング