<シャーロック>6話ネタバレ感想動画!ディーンの中国語!前世記憶の殺人とPTSD

ドラマの感想
スポンサーリンク

<シャーロック>6話は皆さんご覧になりましたか? 今回はPTSDになった少女が、前世で殺人事件を起こしたという記憶が蘇るものの実は・・という話です。

こちらの記事では、シャーロック6話のネタバレ感想を動画を交えて、さらに6話の動画配信情報もお伝えしていきます。

スポンサーリンク

シャーロック6話 ネタバレ

綾香(吉川愛)は17歳の誕生日。家族から形だけの誕生日祝いをしてもらっている時に、人を殺して埋めた記憶が蘇る。警察が動くも遺体は死後20年以上経過していて、綾香が犯人では無い。そこで前世の記憶で人を殺した話が浮上する。

江藤(佐々木蔵之介)がこの件に興味があるだろうと捜査の協力をあおぐ。中国語を喋りながら目覚めて、前世の記憶がある人もいると食いつく誉(ディーンフジオカ)。

からのシャーロック。今日は紫。

綾香の家に聞き込みに訪れ、綾香が塾の帰りに襲われかけた事で、睡眠薬をもらっていて、カウンセリングも受けていると聞く。カウンセリングの先生はPTSDの名医である平田が担当だが、平田は3か月前に退任していた。

病院へ聞きに行くと宇井(和田正人)が綾香の担当を引き継いでいて、平田は心臓の病気を患って退任したとの事。誉は宇井に前世はあるかと聞いたり、宇井がカウンセリングに使うカナリアに興味を持つ。

カナリアを勝手に買ってきて、言葉を覚えさせようとし、世話を若宮(岩田剛典)に任せる誉。

綾香と、母親の美樹は宇井のカウンセリングを受ける。美樹は前世の記憶について宇井に聞くも、人間の脳は不思議な事が起きるので綾香のせいでも、お母さんのせいでもないし、力になると言う。

綾香たちが帰った後に誉が現れる。誉は炭鉱のカナリアを知っているかと宇井に尋ねると、父親が炭鉱で働いていた事や、高校を中退し25歳で医学部に入ったという経歴を知る。そして宇井に「心の治療が出来るとは思えない。記憶操作をして、前世の記憶を作ったのでは?そうすれば辻褄が合う」と話す。

誉は若宮が精神科医だと伝え、綾香から前世の事を聞き出す。前世の記憶のビジョンを平面的にとらえている事で、誉は綾香が映像を見せられて覚えたものだと確信する

美樹が宇井と同じ、島根の出身だと気づき、江藤に二人の島根時代の関係を探らせる。

誉は平田の家にカナリアを持っていき、庭でカナリアが鳴かなくなったのを確認。すると、平田が3日前に練炭を使った自殺をしたが、心臓発作で亡くなっていた事がわかる。平田の家からカウンセリング時のテープが見つかる。そこには昔、人を殺した事がある女性の告白と、あの方のいう事なら何でも聞く。という言葉が残されていた。守秘義務でこの女性の事は警察には言わなかったが、綾香へ記憶を植え付ける実験をしたと、平田の遺書に書かれていた。

バイオリンタイム。カナリアと。

誉は宇井の元へ。平田の家を訪れた時に平田が心臓発作を起こし、見殺しにした宇井はそのまま練炭自殺したように見せかけ、遺書を作成した。綾香の母親の美樹は高校生の頃にストーカー被害にあっていた。そのストーカーが宇井だった事を伝える。

宇井は手紙を渡して告白しただけだったが、美樹にタイプじゃないからと、ストーカー扱いされ、宇井は高校を中退したのだった。月日は流れ、美樹が娘と一緒にカウンセリングへ訪れた。何も覚えてない美樹に対し、綾香を記憶操作していつまでも自分に頭を下げる美樹の姿を見ているつもりだった。

しかし、実は綾香は記憶操作されたフリをしていただけだった。家族が忙しく、寂しさから前世殺人の話をしたら、大ごとになっただけだった。

テープにあった殺人事件を起こした女性の「あの方の言う事なら何でもきく」というあの方とは誰なのか、平田から聞いているだろうと、宇井に尋ねる。

その名前は守谷壬三。誉はその人物を知っている様で落ち着かない。ここで話は終わりです。

スポンサーリンク

感想

綾香を記憶操作して、美樹への復讐と愛情が重なった少し悲しい話でした。最後に出てきた、あの方、守谷壬三(もりやしんぞう)は相当な力を持っている様ですね。モリアーティが出てきましたね!これからどんどん話が核心に向っていく様です。

スポンサーリンク

シャーロック6話見逃し配信動画情報

シャーロック6話は、11月18日まで期間限定で、tverで無料で見る事ができますよ。FODプレミアム会員になると、1年程見る事ができます。

▼ディーンフジオカのCDVDはこちらから購入できますよ

History In The Making (初回限定盤B Deluxe Edition CD+DVD) [ DEAN FUJIOKA ]価格:3,712円
(2019/10/15 18:51時点)
感想(2件)

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


懸賞・プレゼントランキング