1話<4分間のマリーゴールド>原作あらすじ!ロケ地の海と消防署はどこ?動画や感想も

ドラマ、舞台、ステージの感想
スポンサーリンク

ドラマ、4分間のマリーゴールドは皆さんご覧になりましたか?1話から号泣するシーンがたくさんあり、話題になっています。

こちらの記事では、ドラマ4分間のマリーゴールドの原作や、あらすじ、ロケ地の海と消防署の情報や、動画や感想をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

4分間のマリーゴールドとは?

救急救命士として働く花巻みこと(福士蒼汰)には、手を合わせた人の「死の運命」が視えてしまう特殊な能力があった。最期の様子をビジョンで視てしまった患者に対し、みことはあらゆる手を尽くすのだが、一度視た運命はいつも必ず現実になってしまう。助けたいのに助けられないジレンマを抱えながら、それでも日々救急救命に全力を尽くしていた。

そんなみことは、父の再婚によって兄弟となった義姉・沙羅(菜々緒)、義兄・廉(桐谷健太)、義弟・藍(横浜流星)と、一つ屋根の下で仲良く暮らしている。
家族の前では普通に振る舞うみことだが、誰にも言えない思いを抱えていた。
義姉・沙羅を愛してしまったのだ。

金曜ドラマ4分間のマリーゴールドより

キャストのキャラ紹介

沙羅を想う、みこと

みことの姿がせつない雰囲気です。シロという柴犬がマスコットキャラでいい感じです。ナチュラルメイクの菜々緒も可愛いです。

しっかり者でやんちゃな簾とツンデレの高校生の藍

藍は料理担当

末っ子の弟が料理担当で、誕生日ケーキも作ります。今後の横浜流星君の料理シーンに期待です。

1話あらすじ

ある日、心筋梗塞で倒れた人の救助をするみこと。その人に手を合わせてみると、すぐに亡くなる姿が視えてしまいます。何とか救って未来を変えたいと、本来なら救急車でする処置をすぐにする事で、その人は助かります。しかし1週間後に、二度目の心筋梗塞を起こし、結局は視えていた通りになってしまいます。みことは、未来を変える事が出来ないとわかってショックを受けます。

実は、愛する沙羅と手を合わせていて、沙羅が1年後に亡くなるのが視えていて、それが運命だとしても、何とか沙羅を救いたいと苦しんでいるという話です。

ロケ地情報

灯台のある海

このドラマの良いシーンで何度も出てくる、灯台がある海の場所は、千葉県富津市の富津港の様です。千葉県富津市富津2035-150

みことの勤務先の消防署

横浜市青葉区の、青葉消防署奈良消防出張所の様です。

・住所:神奈川県横浜市青葉区奈良2-37-1

スポンサーリンク

4分間のマリーゴールドの原作

4分間のマリーゴールドの原作はキリエさんが描いた漫画です。全部で3巻完結です。電子書籍もあります。

原作はこちらから購入できますよ↓

4分間のマリーゴールド(1)【電子書籍】[ キリエ ]

価格:605円
(2019/10/12 15:26時点)
感想(0件)

 

原作の電子書籍はこちらから購入できます↓

4分間のマリーゴールド【電子書籍】[ 桐衣朝子 ]

価格:715円
(2019/10/12 15:28時点)
感想(0件)

スポンサーリンク

4分間のマリーゴールドの動画

4分間のマリーゴールド1話の見逃し配信は、10月18日まで、Tverで見れます。

スポンサーリンク

感想

1話前半までは、医療ものなのか、恋愛ものなのか?義理の姉に恋愛感情を持っているのも軽く引くし・・・と、微妙でしたが、後半一気に恋愛ドラマになりました。愛する義理の姉を、何とか救いたいという気持ちが熱く伝わってきて、何度も号泣しました。1年後の沙羅の誕生日に、沙羅が死ぬのが視えている、みことの苦しみと愛情が今後どうなっていくのか、楽しみです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 


懸賞・プレゼントランキング