動画<死役所>4話ネタバレ感想!初デートでの死に豊嶋花と山井飛翔が出演

ドラマ、舞台、ステージの感想
スポンサーリンク

<死役所>4話は皆さんご覧になりましたか? 今回は初デートで交通事故に遭い、無残な姿の自分に心を痛める中学生の女の子の気持ちを描いた話です。

こちらの記事では、死役所4話のネタバレを動画や画像を交えて、また動画配信情報をお伝えしていきます。

▼死役所の原作漫画はこちらから購入できますよ

【在庫あり/即出荷可】【新品】死役所 (1-14巻 最新刊) 全巻セット

価格:8,648円
(2019/10/17 15:48時点)
感想(0件)

スポンサーリンク

死役所4話ネタバレ

ミチル(黒島結菜)の成仏までの期限が1日に迫っている。死役所の人たちに興味を持っていても仕方がないので、早く成仏したほうが良いと促される。

そんな中、死役所に無残な姿の中学生の夏加(豊嶋花)を見かける。夏加は初めてのデート中に交通事故に遭った事を振り返る。

智也(山井飛翔)に告白したが振られたものの、転校する事になった夏加は最後の思い出にと、智也とデートする事ができた。

もうすぐ夏加の誕生日という事で、二人でお揃いのボールペンを購入。

慣れないパンプスを履いて、靴ずれを起こした夏加に智也は絆創膏を買ってくると申し出る。智也と手をつなぎたい夏加は、手を引いて欲しいと言うも智也に断られ、智也は絆創膏を買いに行ってしまう。片思いを確認してしまいせつない夏加。

お揃いのボールペンを触りながら智也を待っていると、ボールペンを落としてしまい、拾おうと車道に飛びだし、事故にあう。

シ村は夏加に「智也にとって一生忘れる事が出来ない思い出になっているはず。たまに恋人の前で自殺をし、相手の記憶に一生残す人がいるんですよ。誰かの記憶に残るのは素晴らしい事かもしれませんね」と、ひどい事を言った事で、シ村に夏加はビンタをくらわす。

夏加は「忘れられても良いから、綺麗なまま普通のまま生きて別れたかった」と、自分の悲惨な死に方を悔やみ涙する。

シ村は「忘れ物です」とお揃いのボールペンを渡した事で夏加は救われ、成仏承諾書にそのボールペンでサインをする。


 

シ村は娘が死んだときの強烈な記憶を思い出す。

スポンサーリンク

感想

ミチルの成仏期限(49日)まであと1日に迫りました。成仏への道を悩んでいる中、他の死者達を見て、どうするのかじっくり考えている様ですね。シ村が娘を殺した話がそろそろ出てきそうです。次回も楽しみにしています。

スポンサーリンク

死役所の原作情報

死役所は漫画が原作です。14巻完結しています。

▼死役所の原作漫画はこちらから購入できますよ

【在庫あり/即出荷可】【新品】死役所 (1-14巻 最新刊) 全巻セット

価格:8,648円
(2019/10/17 15:48時点)
感想(0件)

スポンサーリンク

死役所3話の見逃し配信情報

死役所4話の動画は、11月14日まで期間限定でTverで配信されています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


懸賞・プレゼントランキング