動画<死役所>3話ネタバレ感想!三浦貴大の胸が話題!シ村とイシマの過去も判明

ドラマ、舞台、ステージの感想
スポンサーリンク

<死役所>3話は皆さんご覧になりましたか? 今回は殺された人が自分の死を受け入れられないまま、成仏する話です。シ村やイシマが誰を殺したのかも判明しました!

こちらの記事では、死役所3話のネタバレ感想を、画像や動画を交えて、また三浦貴大さんの胸の揺れが話題になった部分の動画や、死役所3話の見逃し配信情報や、原作情報をお伝えしていきます。

▼死役所の原作漫画はこちらから購入できますよ

【在庫あり/即出荷可】【新品】死役所 (1-14巻 最新刊) 全巻セット

価格:8,648円
(2019/10/17 15:48時点)
感想(0件)

スポンサーリンク

死役所3話ネタバレ

三樹ミチル(黒島結菜)は死役所で働く人は全員死刑囚だとわかる。ミチルはハヤシ(清原翔)に何故人を殺したのかと聞くものの、「腹が立ったから」との答えに納得がいかない。

死役所で暴れている人が現れる。坂浦(三浦貴大)というその人物は自分が死んだ事に気づいておらず、この場所がどこかもわからない様子。冷静さを取り戻した坂浦は、自分が親父と同じ自分の店の定食屋で、同じように刺されて死んだ事を思い出す。

何とかしてくれと言う坂浦に、シ村(松岡昌宏)は「わかりました。お客様は仏様ですから

自分の店の定食屋は、死んだ父親から引き継いだもので、常連客に支えてもらいながら、妻と切り盛りしてきた大切なお店。もうすぐ子供も生まれる予定。

イシマ(でんでん)が犯人を調べると、ハラシマという名前で、坂浦の父親も殺した人物だった。こんな所にいる場合ではないと死役所を出て行こうとするも出口が見つからない坂浦。(階段で胸が揺れるシーンが話題入りしました)

イシマは、「坂浦の父親が殺されて息子が恨んでハラシマを殺すのならわかるが、またハラシマが息子を殺すというのが、道理が通ってない」と話すと、シ村は「イシマさんは道理が通った殺しをしましたからね」と言う。イシマは「姪っ子の為に人を殺したが、姪っ子の為を思うと自分が生きて、そばにいてあげたら良かったのかと、今も考え続けている」と話す。

ハラシマを殺しておけば良かったと思うものの、罪を償って欲しかったという気持ちがあると話す坂浦に、シ村は「犯人の気持ちはわかりえない」と、犯人側の人間の立場で話す。

子供も生まれる予定で、本当にこれからという時に死に、やりきれない気持ちのまま、何とか成仏した坂浦だったが、ミチルは坂浦の気持ちが良くわかる。

ミチルは20歳の誕生日、サークルの飲み会で急性アルコール中毒によって死んだ事を語り始める。「人生これからという時に、突然死んでしまった人間の気持ちを、人殺しの死役所の人たちにはわからない」と、ぶつける。さらに、シ村に「誰を殺したのか」と問い詰めるものの、ニシ川(松本まりか)に、「それを聞いたら成仏するの?」と聞かれて黙ってしまう。ニシ川は「シ村は自分の娘を殺した」と話す。

スポンサーリンク

感想

イシマは姪っ子を、シ村は娘を殺した様ですが、何か深いわけがあった様子ですので、死役所の人たちの気持ちに肩入れできるような雰囲気になってきました。ミチルは一体、いつになったら成仏するのでしょうか?w

スポンサーリンク

死役所の原作情報

死役所は漫画が原作です。14巻完結しています。

▼死役所の原作漫画はこちらから購入できますよ

【在庫あり/即出荷可】【新品】死役所 (1-14巻 最新刊) 全巻セット

価格:8,648円
(2019/10/17 15:48時点)
感想(0件)

スポンサーリンク

死役所3話の見逃し配信情報

死役所3話の動画は、11月7日まで期間限定でTverで配信されています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


懸賞・プレゼントランキング