<グランメゾン東京>6話!動画やネタバレ感想!祥平がgakuへ芹田の回

ドラマの感想
スポンサーリンク

グランメゾン東京6話は皆さんご覧になりましたか? 今回祥平がgakuで働き始めるも、それが気に入らない柿谷。グランメゾン東京では芹田が下働きに不満を爆発させて店をやめ、レシピをgakuに横流しするも・・・という話です。

こちらの記事では、グランメゾン東京6話のネタバレ感想を動画や画像を交えて、また6話の動画配信情報もお伝えしていきます。

▼グランメゾン東京の原作はこちらから購入できます

グランメゾン東京 上 (角川文庫) [ 百瀬 しのぶ ]

価格:792円
(2019/10/21 13:01時点)
感想(0件)

スポンサーリンク

グランメゾン東京 6話ネタバレ

今年度のトップレストラン50の表彰式が東京で行われることが決定。そこで尾花(木村拓哉)は、魚料理を開発し直すことを決めた。

その頃、祥平(玉森裕太)はgakuの新しいスタッフとして迎え入れられ、丹後(尾上菊之助)とメニュー開発に励むも、gakuのシェフ柿谷は才能のある祥平が気に入らない様子。

人手が足りないグランメゾン東京で、しばらくの間、久住(中村アン)がホールスタッフとして働くことになった。エスコフィユのファンで、ソムリエ資格も持っている久住。

久住の履歴書に書いてある父親の名前に見覚えがある京野だが、誰かは思い出せない様子。

野菜ばかり切る毎日で食材を触らせてもらえない芹田(筧一郎)は、ある日まかない料理を作らせて欲しいと作るものの、全員からの不評にショックを受ける。その様子を見た京野は食事に誘い、ふさぎ込む芹田に「尾花も倫子(鈴木京香)もきちんと見ているし、言われた事だけやる料理人にはなって欲しくない」と励ます。

市場に仕入れに行った際に、鰆をさばけるようになりたいとアルバイトをさせてもらう事になった芹田。グランメゾン東京と市場で、必死に勉強をする毎日。

魚料理が遂に完成した。この機会に芹田は市場で教えてもらった鰆のさばき方を披露するも、尾花に認めてもらえず。努力を買ってもらえず、野菜ばかり切らされている状態に不満が爆発し、芹田は店をやめて出ていく。

芹田はgakuのオーナー(江藤)からスパイとして頼まれていた、グランメゾン東京の新しい魚料理のレシピを横流しする。そのレシピを柿谷が作る事に。

新しい魚料理を開発した祥平と丹後。盗んだレシピを柿谷が作って対決となる。レシピ通りに作ったはずだが、ただの焼き魚になってしまい、お客様に出せるものではなかった。祥平と丹後の作った魚料理はリンダ(冨永愛)の舌を納得させることになった。

京野は芹田に退職金代わりに、グランメゾン東京に招待する。いつもより味がおいしく感じ、料理人の魂が入っている事に気づく芹田だが、新しい魚料理「鰆のロースト 水晶文旦ソース」が臭みがあった事に気づく。それは芹田がさばいた鰆だった。ごぼうを切った包丁で鰆をさばいたので、臭みがうつってしまったのが原因だった。

芹田は江藤からスパイをしていた事を謝るも、「レシピが外に出た事で簡単に真似できるようなものではない。お前はどんな料理人になりたいんだ?」という尾花に、もう一度まかないを作らせて欲しいと頭を下げる。

芹田はまかないを作り、前回より工夫され、おいしく出来た事を褒められる。

そして尾花からも認められた芹田は「片付けが終わったら鰆をやっておけ」と言われ、グランメゾン東京で出直す事になった。

トップレストラン50の表彰式当日。リンダからグランメゾン東京で働いている理由を聞かれる久住は「尾花やエスコフィユのメンバーがグランメゾン東京で復活する事は絶対に許せません」と話す。ここで話は終わりです。

スポンサーリンク

感想

今回は芹田君の回でした。市場でもグランメゾン東京でも頑張っている姿が素敵でした。gakuのスパイをしていたものの、尾花達から「レシピが外に出た所で真似できない」と言ったシーンはカッコ良かったです!

久住の父親が何かある様で、エスコフィユの事を恨んでいる様ですね。今後の展開に期待します。

スポンサーリンク

グランメゾン東6話動画配信情報

グランメゾン東京6話の動画は、12月1日迄、期間限定でTverで配信されていますよ。

 

▼グランメゾン東京の原作はこちらから購入できます

グランメゾン東京 上 (角川文庫) [ 百瀬 しのぶ ]

価格:792円
(2019/10/21 13:01時点)
感想(0件)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


懸賞・プレゼントランキング