動画<死役所>6話ネタバレ感想!重岡大毅ゲスト神回!カニの生き方!かが屋も

ドラマの感想
スポンサーリンク

<死役所>6話は皆さんご覧になりましたか? 今回はようやく芸人としてのチャンスが訪れた時に病死してしまった佐尾(中島歩)と、相方の高関(重岡大毅)とのコンビ愛の様子が描かれた感動の神回で涙涙の連続です。かが屋やナイツ塙等、本物の芸人さん達も登場します。

こちらの記事では、<死役所>6話のネタバレ感想を画像を交えて、また6話の動画配信情報もお伝えしていきます。

▼死役所の原作漫画はこちらから購入できますよ

【在庫あり/即出荷可】【新品】死役所 (1-14巻 最新刊) 全巻セット

価格:8,648円
(2019/10/17 15:48時点)
感想(0件)

スポンサーリンク

死役所6話ネタバレ

佐尾は病死して死役所に訪れる。芸人として芽が出る前に死んでしまった佐尾にシ村は「悔いが残っていますね?」と尋ねるが・・・そこから佐尾は芸人人生を振り返る。

結成10年の「カニすべからく」はデッドオアコントの決勝の出場が決まった。これを機に売れるようと意気込む。

決勝でのネタを何にしようかと考える。「男の感情」という佐尾が一言も喋らないネタが、二人は気に入っているが、地上波では放送事故になるからと他のネタにする事に。

突然倒れ、転んだだけだという佐尾だが、佐尾の腕に触れた高関は佐尾が痩せた事が気にかかる。

決勝前夜、佐尾は倒れて病院へ。その事を知らされていなかった高関達は必至に佐尾を探すも見つからず。出場を辞退しようと思った矢先に、佐尾が車いすで会場に現れる。そして出番直前に「後で読んでくれ」と、佐尾から遺書を渡される。

急遽、ネタを「男の感情」に変えて出場するも、優勝はかが家に。

遺書を読んだ高関は、佐尾との高校時代の付き合いから今日にいたるまでの日々を思い出す。

遺書にあった「お前はネタを書く才能は無いが、愛される才能はあるから何とかなる」との言葉に勇気づけられた高関は、佐尾が死んだ後も一人で舞台に立ち「男の感情」を披露する。

あっというまに成仏してしまった佐尾に、シ村は「人生を振り返る必要も無いほど満足して亡くなられたのでしょう」と語る。ここでは話は終わりです。

スポンサーリンク

感想

今回は神回!素敵な話で涙、涙の連続でした。佐尾が芸人として売れる直前に死んだ事への後悔は無く、高関との思い出で満足した人生を送れたのは良かったです。

スポンサーリンク

死役所の原作情報

死役所は漫画が原作です。14巻完結しています。

▼死役所の原作漫画はこちらから購入できますよ

【在庫あり/即出荷可】【新品】死役所 (1-14巻 最新刊) 全巻セット

価格:8,648円
(2019/10/17 15:48時点)
感想(0件)

スポンサーリンク

死役所6話の見逃し配信情報

死役所6話の動画は、11月28日まで期間限定でTverで配信されています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


懸賞・プレゼントランキング